2018年8月19日

水草植栽。

 

前回の続き。

 

水草もチャームさんで購入。

 

aqua_2018_0701_1.jpg 
 

 

ブリクサショートリーフ
ロタラsp. 香港
ロタラ ナンセアン
グリーンロタラ
アラグアイア レッドロタラ
ロタラsp. カンボジア
グロッソスティグマ
南米ウイローモス

 

 

フィルターは、定番のエーハイム 2213。
ろ材は、エーハイメックと、サブスト。これも定番。
エビ水槽なので、ブリラントフィルターも。

 

そして立ち上げたのが、こちら。

 

 

 

aqua_2018_0701_2.jpg 
水草がショ、ショボイ…。
石の後ろにすべてか隠れてる…。

 

き、きっとこれから伸びていくんだ…きっと。

 

気休め程度の、ブラックホールも放り込んでおきました。
フィルター内に入れると取り出すの面倒なので、
浮かしてます。

 

はてさて、どうなることやら。

 

 

 

 

 



2018年8月13日

エビ水槽立ち上げました。

 

ビーシュリンプの飼育を始めてから、
アマゾニアしか使ったことがありません。
しかしここ数年、アマゾニアのハズレばかり引いています。

 

アオミドロの大量発生や、水の濁りというか、
黄色になってしまいまったく澄まなかったり、
ある時、納豆のように糸を引いたときはビックリしました。
または、数ヶ月白濁が収まらなかったり、様々。
本当にここ数年、ハズレばかり引いてるんです。
購入している店舗でも、当たり外れに困ってるということでした。

 

一応、その度に対策は講じてはいるものの、
ハズレを引くと、どうしようもない。
わたしにそのスキルがないだけなのかもしれませんが。

 

立ち上げ当初の一週間は、毎日全換水。
次の週は、2日おきに1/2換水。
3~4週は、3,4日おきに、1/3換水。

 

以前はこんな感じをすれば立ち上がっていたものですが、
ハズレを引くと、本当になにをしても水が光らない。

 

なので今回は、アマゾニア一択はやめました。
そして、パワーサンドも今回はやめてます。
パワーサンドを使えば、水草は良く育つのですが、
コケの大発生にも見舞われる。
なので、今回は自作です。

 

小粒の軽石に、ピートモスを混ぜて、自作のパワーサンド。

 

aqua_2018_0630_1.jpg 

 

一番最初にバクター100を振りかけて、
次に自作のパワーサンド。

 

aqua_2018_0630_2.jpg 
自作パワーサンドは、前面数センチ敷かないのがコツです。"((∩´ー`∩))"

 

そして今回はプラチナソイルを試してみます。
ただ、すべてプラチナソイルも心許ないので、
3Lだけ、アマゾニアを入れることにしました。

 

パウダーは高いので、
ノーマルを母がふるいに掛けて、パウダーを抽出してくれました。

 

aqua_2018_0630_4.jpg 
こちらが粒の大きいほう。

 

 

 

aqua_2018_0630_3.jpg 
こちらが粒の小さいほう。パウダーもどき。

 

え?同じに見える?
なにをおっしゃる。
母上が、汗だくでふるってくれたのです。
直に見ると、パウダーなのです!(*‘ω‘ *)

 

すぐに注水してしまうと、空気がソイルの中に残ってしまい、
アンモニアが発生してしまい、厄介なことになることもあるので、
ソイルを敷いたら、噴霧器を使い、ソイルを湿らせます。

 

始めてしまうと、注水するまで目が離せません。
たまに、こんなのが狙っています。

 

aqua_2018_0630_5.jpg 
入りたくてたまらん!!!

 

ソイルを敷いた状態で入られた日には、もう…おしまいです。

 

一気にやっていかねば。

 

今回、石も入れてみようとチャームさんで
「風山石」をおまけで貰ったのですが、
なんか、思ったより大きくてデカイ。

 

aqua_2018_0630_6.jpg 
どうしましょう...こういうの才能ないんです...

 

 

 

 

 



2018年8月10日

雌豹のぽーず。

 

もうお腹の中に残っているものは無いことを祈りながら、
温灸を続けている。

 

しかし、ちょっと不安が...

 

温灸をしていると、サムの肉球が濡れてくるのだ。

 

あの一番酷かったであろう、ゴム紐が腸で詰まり、
温灸によって腸が動き出し、
脂汗が滲み出るような痛さの時のように…

 

え?まだ痛むの?

 

たまに、雌豹のポーズのようにお尻をクンっ上げている時がある。
この姿勢って、人間ならばセクシーポーズなのだろうが、
動物は、お腹が痛い時にこのポーズをとる場合がある。
なので、いまだに温灸続けてるんだけど。

 

うーん、もうお腹には残ってないはずなんだけどなぁ。
あれ以来、嘔吐はしなくなったし。

 

 

ゴム紐が詰まり、わたしが抱きながら温灸をかけられたことにより腸が動き出し、激痛が走った。
ようするに同じ状況、わたしに抱っこされながら温灸をかけられると、痛みが蘇る??
そして、ジワっと肉球に汗をかく...

 

温灸終わると、何事もなかったように元気なんですけどね。。。
肉球触ってもサラサラ・・・わたし、嫌われた?"((∩´ー`∩))"

 

心配だから病院とも思うんだけど、こういう場合レントゲンとっても写らないし、嘔吐は止まってるし、様子を見ましょうってなるだろうし、ストレス与えて体力消耗しても困るので、母が一人で温灸しています。

 

 

 

 



2018年8月 5日

最悪な誤飲。

 

この連日の猛暑。
30度越えは当たり前な毎日。

 

熱中症には気を付けていた筈でした。
ブルーの教訓で気を付けていたのに。

 

日の当たる窓際に居過ぎていないか、
少しでも見掛けないと、部屋中を探し、確認していました。
飼い主はエアコン大嫌いだけど、我慢してつけています。

 

ところがある朝、母がサムの嘔吐で起こされます。
しかし、朝ごはんはちゃんと食べました。
連日の暑さで調子を崩したのかな?程度に考えていました。

 

朝食後しばらくして、2度目の嘔吐。
お水を大量に飲んだらしく、ほとんどお水。

 

この段階で病院とも考えたけど、
外の気温が 37度とか…
連れて行くこと自体が、人間も猫も熱中症になってしまう。

 

ちゅーるを与えてみると、しっかり食べる。
またまたお水を大量に飲んで、また嘔吐。

 

・・・なんだこれは。
なぜそんなにお水を欲しがるの?
ピチャピチャ程度の飲み方じゃなく、がぶ飲み。
そしてしばらく経つとリバース...

 

熱中症!?
あれだけ気を付けてきたのに!?
そういえば、耳や肉球が若干火照ってる?
って思ってるそばから、また水をがぶ飲みしてる。

 

耳や、手足は熱いけど、体が思ってるほど熱くはない。
もし熱中症だった場合、
体に火を入れるのが正しいのかは分からないけど、
エアコンの効いた涼しい部屋で温灸をやってみることに。

 

大人しくやらせる。
そして、肉球から汗?冷や汗?濡れてる。

 

そして温灸やってるそばから嘔吐...

 

もう、これヤバイやつじゃん。
どうしたらいいんだ。
って気が付いたら明日病院休みじゃん!!!

 

だって、窓際で寝かせないように気をつけてたし、
エアコンだって我慢して付けてるし、
水だって、部屋中あちこちに置いてるし、
ってか、その水をがぶ飲みして吐きまくってるし。

 

もうどうしたらいいのか、分からなくなる。

 

ただただ、どうしてこんな事になってしまったの?
最近やっと甘えることを覚えてきたのに、なぜ?
抱きながら問いかけるが、分からない。

 

もう何度吐いたか分からない。
綿を食べた時より酷い。
温灸をやっても、改善しない。

 

ふと、なにか食べた?と、頭をよぎった。
なにかを見つけてきても、
最近はわたしの部屋に持ってきて、「はいどうぞ。」
と渡してくれるようになってきたのだけれど...
もしかして?

 

すでに朝になってしまい、人間たちはフラフラ。
少しでも眠って、開いてる病院を探すべきか
起きたら考えようということで、少し眠ることに。

 

するとしばらくして、おトイレをガサゴソする音が。
ガサゴソガサゴソ、ガサゴソガサゴソ、ガサゴソガサゴソ...
延々と続く。
やっと静まった頃、母が見に行くと、

 

「なんじゃこりゃあああああああああああああ!!」

 

母と、サムの大格闘の音がこちらにも聞こえる。

 

「でた!でたよ!なんか食べてた!!!!」

 

日付はさかのぼって、数日前。
母は、ズボンのゴム紐を取り替えていたらしい。
その、古いほうのゴム紐をサムが狙っていて、
ちょっと油断した隙に引ったくっていったらしい。
母は必死で追いかけ、口から離した隙に取り戻した。

 

この話は、確かに聞いた。
危機一髪だったと、間一髪だったと。
しかし、サムは諦めていなかったのだ。

 

母は、また持って行かれてはなるまいと、
ビニール袋に入れて、ゴミ箱へ入れた。

 

ところがサムは、それを取り戻して食べていたのだ。
細長いゴム紐を。

 

それが数日掛けて腸に行き、ねじれたかなにかを起こしたのだろう。

 

つい先日、その前兆があったのを見過ごしていた。
トムとの追いかけっこの後、サムが一人で部屋中を駆け回っていた。
もう、それは尋常じゃない勢いで、走り回っていた。
そして止まり、舌を出し、口を開け、口呼吸をしていたのだ。

 

わたしは、トムとの追いかけっこ、ウンチハイ、
そしてこの暑さでそんな状態になってしまったのかと思い、
「落ち着きなさいよーーー!」と声掛けくらいで済ましてしまった。
でもその時、猫の口呼吸を初めて見て、驚いたことも確かである。

 

あの異常な駆け回りは今思うと、きっと痛みが走っていたのだろう。
気が付ける時はいくらでもあったのに、本当に申し訳ないことをした。

 

話は戻って、
お尻からぶら下がっているそのゴム紐を母が摘むと、
すんなりそのゴム紐は出てきたらしい。
とても長いゴム紐。

 

その後、吐くことは無くなった。

 

食欲も本調子ではないけれど、少しずつ回復してる。
ただ残念なことに、だいぶ人間不信から慣れてきたのに、
また逃げるようになってしまった...
よほど辛かったのだろう、仕方ないね...

 

今回の出来事はさすがに、もうダメか...と思わせる出来事でした。
気を付けてはいたけれど...では済まされない...

 

今回の件で、ちゅーるがとにかく減りました(笑)
何本食べたんだか...汗
飽きないことを、祈るばかり。

 

 

2018_sam_11.jpg 
ばんざーーーーい!!!

 

ここまで慣れるようになったのにぃ...

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



1