2010年8月27日

何かが変だ。



私の手からしか食べなくなった、ブルー。


一応、出された量はちゃんと平らげてはいた。


ところが、今日は、今までずっと私の手からであれば食べていたのに、


あんまり食べてくれない。




それと気になることが・・・


足腰がふらついた?と思える瞬間が。


どこかに足ぶつけた?





2010年8月15日

自分では食べない。



依然、自分では食べてくれない毎日。


私の手からしか食べてくれない。


これでいいのかな・・・?


甘えているの?





でもいつまで続くの・・・?


母上曰く、「食べないよりはいいじゃない」


それもそうか。


でも毎日大変。








2010年8月 9日

ガーン!乳首食べちゃった!。



点滴のせいか、おしっこを何度もする。


結構大きな塊。


ご飯は自分では食べてくれないが、私の手から缶詰を食べてくれた。


でも水はまったく飲んでくれない。


小さいシリンジがあったので、水を入れ、口の横からやってみると、


チュクチュクと、飲むではないか。


そういえば、ショップで抱かせてもらった時、


クチュクチュおっぱい吸うようなしぐさをしたので、


ミルクやったほうがいいか聞くと、餌食べるから必要ないと言われたっけ。


飲みたかったのかなぁ・・・


急遽、粉ミルクと哺乳瓶買ってきてみる。


でも、歯があるため?


乳首、噛み切って、食べちゃった!!!


どうしようーーー!○んちで、出てきてくれるかなぁ。。。




2010年8月 8日

ブルー、病院に行く。



昨日の夜少し缶詰食べただけで、朝から何も食べない。


夕方まで待ったけど何も食べないため、病院に行くことに。


しかし、我が家のかかりつけの病院、少し変わってしまった。


予約制になってしまったのだ。


今から予約入れても、1週間、10日先になるのだ。


緊急を要するため、電話をして今から行きたいと言うが、


明日、午前中から並べ、の一点張り。


母上、


「明日行けるか分からない!!!」


要約すると、明日まで生きているか分からない!ということらしい。
まして、この酷暑。午前中から 30℃超えだ。
日が沈んでから行きたいのに、午前中から並べって・・・。


必死に食いつく母上。
病院のほうも根負けして、「連れてきていい」ということに。




ところが、確か緊急を要するということで連れてきたはずなのに、


ブルーさん、大暴れ。


ペットキャリーからは出てこないわ。大鳴きするわ。


みんな苦笑い。


でも、気を取り直して、触診。


「うーん、耳が熱いですねぇ。熱測ってみましょう。」


計ると、40.3度。


高っ!と思ったが、


獣医曰く、


「これといってどこも悪いとこは見当たらない。
興奮してるし、子猫だから少し高くても仕方ないけど、
とりあえず点滴と、抗生物質注射しておきましょう」


別室で皮下点滴と、注射をされてきました。


「抗生部室の副作用で、嘔吐、下痢をするかもしれないけど、
少しであれば問題ない。
これでダメなら、感染症の疑いがあるので、検査ですね。」


肩にこぶを乗っけたようになったブルー。


帰宅後、歩くとそのこぶが重いらしく、コテッっとこけちゃう。


今日中には吸収されるとのこと。


明日には良くなっているといいな。。。





2010年8月 7日

ブルー、ご飯食べない。



TVから、熱中症に気をつけろと、ひたすら聞こえる今夏。


普段なら付けないクーラーをつけて、ペットたちを気遣ってきたつもりだった。


今日のブルーは変だ。


朝起きてすぐ、カリカリばかりをがむしゃらに食べる。


おかわりまでした。


しかしその後、ほとんど飲まず食わず。


だけならまだしも、いや、そうではないけど、


このくそ暑いのに、日が当たる窓際に、ぺたーと横たわっているのだ。


いっくら連れ戻しても、目を放した隙にまた行ってしまう。




夜、寝かせるためにケージに入れたら、少し缶詰食べた。





1