2014年10月 8日

The 怪奇月食。

 

たーなーちゃんから、

 

『まあとりあえず空を見ろ月見うどんだ』

 

と、教えてもらったので、お外に出て見てきました。
(と言っても、ウッドデッキですが(´・ω・`))

 

お月さんが赤かった!!

 

 

と、ここまでだと、なーんの変哲も無い、皆既月食ですが。。。

 

母上が、

 

わたしのカメラを持って、道路にまで出て、撮ってきてくれました。

 

優しいお母さんですねぇ~~。

 

 

2014_kaiki.jpg
The 怪奇月食。

 

どうしてこうなった!!!!

 


 

 



2014年8月23日

アンモニア、致死レベル!?

 

60cm水槽を立ち上げて、そろそろ 10日。

 

新規立ち上げのため、たぶん 1ヶ月くらい掛かるかなぁ・・・

 

あー・・・他の水槽から水持ってくりゃ良かった・・・なんて、これ書いて気付いた。

 

さて、約 10日目の水質は・・・?

 

 

new_suisou20140823.jpg
うっは・・・。shock アンモニアすっげええぇぇぇぇぇえええ!

 

まだまだ掛かりそうです。(o_ _)oびたん

 

 



2014年8月14日

60cm水槽、立ち上げる。

 

10Lのバケツに、8分目近く取れたマツモ。

 

 

捨てるのは勿体無いし、マツモは浮き草なので植えられないし・・・困った。

 

 

なので、もう 1個水槽を立ち上げることにしました。(違)

 


マツモのために新水槽立ち上げ。ないないない(自爆)

 

 

ビーシュリンプのみの水槽を立ち上げたいと、以前から考えてはいたんだけど、
なかなか重い腰を上げなかっただけ。(*^^*ゞ

 

 

今回の水槽は、底面フィルターでいくことに。
底床は、パミスとアマゾニアノーマル。間に鉢底ネットを挟む。

 

 

new_suisou20140801.jpg
パミス Sサイズ 1袋では足りず、前が空いてしまったので、サブストを並べてみる。

 

 

そして水を注入~~~。

 

 

new_suisou20140802.jpg
マツモ、こんな風にしてみましたーーー!!!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

 

そして気休め程度の、ブラックホール。(笑)

 

 

さーどんだけマツモ溶けるかな?

 

 

 

 

 



2014年7月20日

遅かれ、早かれ・・・。

 

分かってる。誰が悪いわけじゃないって…


ただ、来る時が来てるだけ…

 

 

歩行がおぼつかないのに、それを知ってか知らずか・・・

歩き始めるわたしを追い越し、これをする。

 

nadero.jpg

さーーー!思う存分撫でるがいい!!

 

おぼつかない足取りで、せーのっ!と、歩き出す先に、これが待ち受ける。

 

止まればいいじゃん?

 

うん。知ってる。

 

だけどね・・・
せーのっ!で、勢いつけて歩き出してるわたしが、急に止まれるかーっ!!
そばに、なにか掴まる物があればいいが、必ずしもそうではない。

 

仮に掴まる物があって、そこに捕まり立ちしていたとしても、
足元で、この姿。


撫でないと、そばにある棚に上り、わたしの頭と同じ高さにやってきて、
なぜ撫でない!と、頭突き・・・ではなく、甘えてきます。
その頭突きが、あまりに力強いため、突き飛ばされます。

 

だんだん捕まり立ちさえ、おぼつかなくなる始末。

 

たしかに、こんなあられもない姿をさらけ出してくれるんだ、
どれだけ、信頼してくれているか分かるよ。

 


お腹に顔をうずめ、もふもふ楽しいよ。

 

だけど、転倒した先にトム君が居たら。
このあられもない姿の上に、転倒してしまったら・・・
想像しただけで、ゾッとする・・・。

 

猫は足元スリスリが当たり前。

 


しつけ次第と言われるかもしれない。
犬には、「待て!」はできるが、果たして猫は・・・。

 

一度、歩くところ歩くところ、擦り寄ってきて、どうにもならず、
軽いプチパニックを起こしたときがあった。
どいて!と言っても、余計擦り寄ってきて、近くに捕まるものも無く、
もう、どうしていいか分からず、泣き出しそうになったとき・・・

 

その状況を察知したらしい。
一定の距離を取り、こちらをジッと見つめ、微動だにしない。
そして、しっかり大丈夫になったところで、近寄ってきて、
上の写真のような姿で待っていた。

 

・・・と、ここまでで、わたしの歩行困難がまるでトム君のせいのように書いてきたが、
いや、実はわたし自身もそう思っていた。


が!しかし!


2005年2月26日のエントリーで、もうすでに愚痴ってるじゃん!自分。

 

トム君、ごめん・・・weep
君のせいじゃ無かったよ。

 

nadero_2.jpg

 

トム君のせいじゃないんだよね。
遅かれ早かれ、こうなっていくんだよね。って母に言ったら、

 

・・・・・
だぁ~か~ら~!
もうね!小学校高学年でぇー(ry





はい。分かりました。今まで持ったのが奇跡なんですね。ぁぃ。
 

 

 



2014年7月 7日

クーポンは使うもんじゃないらしい。

 

あるパン屋さんのメルマガを購読すると、毎月一回、今月のお勧めパンをプレゼントというクーポンが送られてくる。

 

一個以上購入が条件だけど、今月はどんなパンかしら~lovely なんて、ちょっと楽しみ。

 

ところがこのサービス、ちょっとややこしい。

 

まずメールが届き、「クーポンはこちらから」というところをクリックすると、
ブラウザが開き、「クーポン画面はこちらから」という画面が出る。

 

普通はこれでクーポンが出るはずだが、このパン屋はそうではない。

 

画面保存をされて、何回もパンを持っていかれたら、たまったもんじゃないのだろう。

 

なので、「クーポン画面はこちらから」の画面から、

 

クーポンを開くよ!画面が出るので、「クーポン開くよ!」画面をを出す。
まずその画面を店員に見せるのが第一段階。

 

「パンをプレゼントというクーポンを持っているのですが、これから開いていいですか?」と店員にお伺いを立て、店員の許可を貰ってから、本クーポンを開かなくてはならないのだ。

 

そして、「いいですよ。」と店員の許可を得られたら、先に進めるのだ。

 

まるで、クエストか。

 

ところが、ここは田舎・・・。電波が微妙に悪い。

 

たまにエラーになり、真っ白い画面のまま・・・

 

後ろには客が並び始める。

 

店員イライラ・・・

 

いや、だから・・・こちらとしては、並ぶ前にクーポン表示してから並びたいのは山々なんですけど、目の前でクーポン出せって言うのはそっちだから・・・crying

 

全ての画面を画面保存しておけばいいと思われるかもしれないが、
「画面保存して使うなっ!」と注意書きがあり、
操作している間も、店員が目を光らせている。

 

やっと開き、店員に見せると、なにが不服なのか、ケータイをよこせっ!と引ったくり、
なにやら押し始めるではないか・・・

 

え?なにしてんの?クーポン見せるだけでいいはずですよね・・・

 

しばらく操作して、返されるが、証拠隠滅?のためか、ブラウザ閉じて返される。

 

なにしてたの・・・

 


 

 

クーポンは使うなってことですね。。。down

 

 

 



5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

Archives