2010年9月23日

揺れ動く・・・。



いつかまた飼いたい。


とは、思ったけれど、まさかこんなに早く訪れるとは。


死んだから次、みたいで、ものすごく悩む。


泣くのを我慢しても、大量に出る涙。我慢しても止め処なく出てくる。


声を押し殺して泣いていたのを、母は知っていたみたい。


それを見ているのが辛いからと・・・
早く元気になって欲しいって・・・


でも、怖いよ。おかあさん。
飼って、また同じになったら・・・って考えると、怖いよ。とっても怖い。


あんな壮絶な経験、もう二度としたくないよ。


立ち止まってちゃダメって言うけれど・・・


もう一度考える意味も込めて、会いに行くことに。


店員さんが私たちの顔を見るなり、連れてきてくれた。
もううちの仔だからと、店頭には出さず、奥の部屋にいるみたい。


お尻のことを聞いてみると、あの日以降、症状は出ていないという。
ところが、興奮してか、やっぱり出てきた!(笑)
なんでだろう~~~??と、みんなで首をかしげる。(謎)


もしや、猫の痔?
そんなことあるのおお!?


そんなこんなで、考える間もなく、面会終了。
お尻の話でおわっちった。





2010年9月20日

いろんな意味で、夢だと言って。



ブルーがいなくなって、なんだか抜け殻のようになってしまった。


ひたすら自問自答、我が家に来たのが間違いだったのか、
そして、最後の瞬間を思い出し、涙が止まりません。


でも我が家には他にも動物がいます。
泣いてばかりはいられない。


ブルーの看病している間、家を空けるわけには行かなかったので、
買い物と言う買い物は出来なかったため、気が付けばいろいろな物が足りなくなっていた。


まずは猫砂。
この猫砂は、あるペットショップで毎回購入することが決まっていて・・・
でも、今この状態でペットショップに行くことは、気が進まなかった。


念願だったロシアンブルーを、こんな形で失くしてしまって、
でも、いつかもう一度、ロシアンブルーを飼ってみたい気持ちは持ってるけど、
もしペットショップに、ロシアンブルーがいたら・・・辛いなぁ・・・。


あまり気乗りしないでいると、母がとにかく行くんだと背中を押します。
8月頭から、食べなくなったブルーに手でご飯をあげていたため、外出はほとんど出来ず、
久々だったので、付いて行く事に。
でも、ペット売り場は絶対見ない。そう決めて、行くことに。



続きを読む "いろんな意味で、夢だと言って。"



2008年5月 1日

物思いにふける 猫。

物思いにふける 猫。


きちんとお座りして、物思いにふけっていますねぇ?。



2008年4月25日

少しお腹ふっくりしてきた?

お腹がふっくり


毎度お久しぶりの ralu でございます。(笑)


ミルクを家に迎えてから、しばらくは写真をUPしていたのもつかの間、風邪を引き...撮り貯めてた写真と、現実のミルクのギャップがあまりにもかけ離れていたため、UPするのをためらっちゃったりしている内に、だいぶ年月過ぎましたぁ。。。(自爆)


で、結論が出ました。
どんなにギャップがあろうとも、1枚ずつUPしていきゃいいじゃん♪っていう結論。(*゜▽゜)


つうことで、いったいココの猫はいつまで子猫なんだ?という疑問が起こっても、お気になさらず流しちゃってくださ?いヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪


ベッコンとしていたお腹がだいぶふっくら?してきた時のミルクさん。



2007年2月16日

ミルクの予防接種。



ミルクの予防接種に行ってきました。
ミルクは完全室内飼いにするつもりなので本当は予防接種はしたくないのだけれど、去勢手術をする時に病院に行って病気などが感染っては困るので、1度はしなければということで行って来ました。(正確には、1年目は2回)


だけど最後まで悩みました。
悩みに悩んだ原因は、アルセーリアが予防接種をした時もの凄く大変だったから。
その時はたしか6種混合を打ったのだけれど、家に帰ってきて激しくグッタリ。
抱き上げても、まるで首が据わっていない赤ちゃんのように、ぐったり。
アルセーリアの頭がわたしの手から ダランッ・・・とずり落ちるのだ。
いくらちゃんと頭を支えても…


あぁ、このまま死んじゃうのかなぁ…


と、思うくらい。とても怖かった。
なんとか回復はしたけれど、それ以降犬の予防接種はやめました。
感染するかもしれない病気のために予防注射を打って死なせてしまうよりは、
感染したら、その時はその時だ。と思うことにしてやめることに決めました。


だから今回いっぱい悩んだ。
でも、手術をするためには院内感染を防ぐため必要ということで、
やることに決めました。(受け入れてくれない病院もあるらしい…。)


当日は万全の体制で臨めるようにいろいろ考えました。
予防接種は午前中に済ませる。
もし容態が変わっても、なんとか午後の診療に診せることができるだろう。


わたしが行こうとしている動物病院では、『 3種、4種、7種』とあるらしい。
なるべく副作用が低いようにと、3種を受けることに。
7種なんて受けたら、7種類の病気がいっぺんに大暴れするなんて…。
(そういう理屈ではないかもしれないけど、なるべく負担を少なく済まそうと思って。)


いろいろ考えたけど、これぐらいしか…。(滝汗)


そんなこんなで受けてきました。


その病院では最初は 7種混合が一般的らしく、


『拾ってきた猫だしね、少ない 3種を打ってその後二度と来ないってね!』


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(意味不明です…(汗))


いや、そんな…拾った猫だからってないがしろにしている訳では…。


いろんな病気に対処できるように、7種打ったほうが良い飼い主なのかなぁ…。
・・・( ̄  ̄;) うーん 難しい…。


家に帰ってきたら、やっぱり元気ない…。
アルセーリアとまではいかないけど、少しぐったり。
食欲もないし…少しう●ちもゆるいみたい…。

続きを読む "ミルクの予防接種。"



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10