2018年1月23日

【保護猫】トムの尻尾で遊ぶサム。

 

 

 

トム君が尻尾で遊んであげています。

 

 



2017年12月26日

【保護猫】とにかく懐かない。

 

2017_12_25.jpg 

 

近寄れないので、この写真はだいぶ遠くからの撮影なので、ピンボケです。

 

保護して、早 1ヶ月半ほど。
ケージ外ではまったく、そばに寄ることは出来ない。

 

ごくたまに顔を近づけられる瞬間があって、
ぐぐぃっと顔を近づけると、
「ブッチューーーーッ!」ってチューしてくれるんです。

 

ところが突然、『ハッ!』と我に返るのか、
ギャアアアアアアアアアアアア!ってな勢いで逃げていくんです。

 

その逃げ方が尋常じゃない、どこかまわず逃げるもんだから、
アッチコッチに顔面ぶつけ、『たしけてええええええぇ!!』
と叫びながらのごとく、逃げていきます。

 

化け物見るかのような反応なんですよ?
助けてあげたのにぃ、それはないでしょ~(爆爆)
ひどいなぁ~~(´・ω・`)

 

撫でるのなんて、まだまだ夢のような話。

 

野良猫を保護して飼いはじめたという方のblogなんかを見ると、
最初は「ウーウーシャーシャー」してても、
3,4日すると急に甘えん坊さんになって、
今では こんなんですよおおおお! 
なんて報告見るのに…

 

万が一、外に出てしまうことがあったら、
再捕獲は無理だろうなぁ…
とにもかくにも逃げるんだもの。

 

今は冬だから、どの窓も閉切ってあるけれど、
暖かくなってきた時のことを思うと、
今からため息ついちゃう。

 

サムからしたら、
保護は『大きなお世話だよ!』ってな感じ?

 

 

 



2017年12月19日

【保護猫】つぶつぶのたまたま。

 

 

2017_12_19.jpg

実はサム君、
保護してすぐ獣医さんに見てもらった時には、メスだったんです。happy02

 

最初に体のチェックを受けて、

 

『月齢は~3ヶ月半ですねー。性別はーメスですね!』

 

わたしはこの時、とっても安堵したんです。
トムがオスなので、新入りさんがメスだったら、
結構仲良くできるのではない?って思ったんです。
なので、ぉおおおおお。と、ちょっとうれしくなりました。

 

ところが…

 

『ん?あれ?ある?』

 

と、看護婦さんと、サムのお股をまさぐり始める。

 

『ん?あーあるかな?ある?』と、
看護婦さんと顔を見合わせながら、まさぐるまさぐる。

 

『あー下りてる下りてる。つぶつぶあった!』

 

え?つぶつぶ?

 

『オスですね!』

 

えええ!?つぶつぶのたまたまーーー?

 

徐々に体を触れるようになってきた時に確認してみたら、
袋らしきものが一応はありました。
ぷにぷにとまさぐってみると、

 

たしかに、はい。つぶつぶが、ありました。

 

ほんとに、米粒です。

 

トムが我が家に来たときは、
2ヶ月なるかならないかでしたが、
普通にぷくっ。ってくらいはありましたよおおぉ?

 

やはり、栄養失調はこういうところの成長も遅らせるんですかね。

 

 

 

 

 



2017年12月18日

【保護猫】またまたグッタリ。

 

駆虫薬『ブロードライン』を投与して、1ヶ月経ちました。
この薬の有効期間は1ヶ月だそうです。
なので、そろそろ 2回目の投与の時期です。

 

しかしこれまで、投与後の下痢、予防接種後の副作用、
とても心配です。

 

この1ヶ月に、3回検便検査しましたが、異常なしです。
そして、4回目の検便検査も問題なしでした。

 

しかし先生は、まだどこかにいるかもしれないので、
駆虫薬はやったほうがよいとのこと。

 

今回は、弱めなのかよく分かりませんが、
『レボリューション』という駆虫薬を処方されました。

 

ところが、家に着いてからこまった事に…
前回より元気なために、動き回り、
首がくるりんと、回ってしまうんです。

 

いそいで病院に電話したら、
ちょっと苦笑いされちゃいました…"((∩´ー`∩))"
舐めると、泡吹くけど、
不味いから吐き出そうとする行為なんだそうです。
別に問題ないそうです…

 

でも、泡吹かれてもこまるなぁってことで、
急遽手作り!

 

2017_1218_1.jpg

 

2017_1218_2.jpg

 

そしてこの後、副作用なのか…
しっかりグッタリしちゃいました。
いったいこの子は、どこまで虚弱なんでしょう…

 

こんなに駆虫薬や、ワクチンでグッタリするもんなのお!?

 

 

 



2017年12月 5日

【保護猫】初めてのワクチン。

 

保護してから約 2週間。毎日、温灸。

 

次の問題はワクチン接種。
もう 4ヶ月になるけれど、あまりに痩せ過ぎていたので、
いままで延ばしてきました。

 

なかなか増えない体重。
健康診断も兼ねながら、もし無理なら返されるだろう。

 

体重は、1100g。
またまた検便検査。異常なし。

 

これといって何も言われず、3種混合のワクチン接種。
今日一日は、大人しくさせること。

 

トムの時大変だったんだよなぁ…
ケージの中で、大暴れして、その後ぐったりしてたっけ。
それに副作用がでるため、その後の接種は見合わせることに…

 

家に着き、さて、サム君は…

 

まったく動かない。
ぐったりを超えている。

 

呼吸を見るためお腹の動きを見てみると、
なんと、1分間に 90~100回。
途中、痙攣状態…

 

このまま死んでしまうのか…

 

ご飯もあげてみるが、この状態ではまったく食べない。

 

病院に電話してみると、
ご飯は食べたか、吐いたか、お腹の状態は?と聞かれ、
ご飯は食べない、吐いてはいない、うんちも出ていない。答え、
もし、明日の朝も食べないようなら、連れてきてください、とのこと。

 

とりあえず、出来る事と言ったら温灸しかないので、
少しやっては、寝かせてを繰り返す。
温灸をすると、からだ体が温まり、少し楽になるみたい。

 

やはり、まだ早かったのだろうか。
抵抗力がまったく無く、体力もまだまだだったのだろう。

 

猫のすごいところって、こんなにツライ体なのに、
体を引きずってまで、トイレに行ってしようとするのだ。

 

ブルーもそうだった、もう、そこでしていいんだよ。って思っても、
動かない足を引きずってトイレに行ってたっけ。

 

この子も、健気だなぁ…

 

温灸を続けて、夜中 12時を回った頃、少しご飯を食べることが出来た。

 

次のワクチン、どうしよう。
ちょっとこの子、弱いなぁ…

 

 

2017_1204_1.jpg

 

 

 



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11