2021年9月20日

命の危険を感じています。

 

「全てを保護するのはムリ。」
 
 
 
分かってる。そんなこと不可能だ。
 
 
前置きが少し長いです。
 
 
ミルクはペットショップ前に段ボールに入れられ、捨てられていた。
事務所に連絡すると言うのを引き止めて保護した猫。
事務所に連絡されれば、その後の運命はなんとなく分かっていたから。
 
 
 
そして次は、玄関前にお座りして保護されたサム。
これも仕方なかった。
かるっ軽に痩せ細って、逃げる気力も無くなるほど衰弱していた。
それでも母の手から逃れようと、植木鉢の隙間に頭を突っ込み、
文字通りの頭隠して尻隠さず状態。
 
 
 
「捕まるなら捕まえて病院連れて行くしかないじゃない」
と言うと、母はその通り捕まえてきた。
 
 
 
今保護しなければ、きっと命はないだろう。
そう思ったのを裏付けるように、次の日は雨になった。
 
 
 
しかしサムの保護は、後々家庭内に大混乱を起こすことになる。
 
 
 
簡潔に記すと、
サムを保護したことによって、先住猫のミルクはやきもちを焼き、
約2年弱、原因不明の嘔吐が止まらなくなる。
(なぜ2年弱で止まったかと言うのは過去ログをご覧ください笑)

ネコを保護するということが、こんなに大変なことになるなんて思わなかった。

 
その2年弱続く世話に今度はトムがやきもちを焼き、
わたしの生活を脅かしている。
しかし、このトムのヤキモチは止まることはないため、解決のしようがない。
 
 
 
なぜかと言うと、ミルクの場合は要求があったため、
願いが叶えば、その行動は2年弱で止まることになったが、
トムの場合は約 2年間我慢し続け、
ミルクが手厚く世話されるのをただひたすら耐えていたため、
何かが壊れたかのように八つ当たりの毎日になってしまった。
猫にも鬱があるのかしら?
 
 
 
前置きが長くなってしまったが、
 
 
 
8月の末、近くのショッピングセンターの駐車場に茶色い猫がいるという。
周りは住宅地ではなく幹線道路に囲まれているため、
迷い猫ではないかと言う。それとも捨てられた?
最近見かけるようになったと言う人もいれば、
半年前から世話されていると言う人もいて、正確なことはわからない。
母は今まで見たことないと言うけれど…
 
 
 
そこのお客さんや店員さんなどが餌を与えているらしく、みんなで囲んで餌を与えているところに偶然通り掛かったらしい母。
 
 
 
とても人懐っこく、いい子だと言うけれど、誰もその猫に触れようとはしない。
 
 
 
「何も出来ませんで…」とその場を後にして帰宅した母だが、
次の日から例年に無い冷え込みが始まり、
話を聞いたわたしも気が気ではなくなる。
 
 
前日まで30度越えだったのが、一夜明けたら15度…
 
 
 
「どうしてるだろうね…」と顔を見合わせる母と、わたし。
 
 
 
しかし我が家には現在3匹の猫がいる。
トムのお兄ちゃんブルーは、
ストレスで発症する可能性が高いと言われているFIPで亡くしている過去を持つため、トムは蝶よ花よと育ててしまい、今現在も大変な状態だ。
 
 
 
そんなうちが、また新たな猫をなんて、無謀すぎる。
 
 
 
今いる子を幸せにすることが、第一の目標だ。
 
 
 
そう言い聞かせても、やはり気になる。
黙っているけど、母も気になっていたらしく、
買い物ついでに見に行ったらしい。
 
 
 
すると、猫に誰かが何かをしたのか、
 
 
 
「キケン!触らないでください!凶暴です!」
 
 
 
という赤字でデカデカと書かれた貼り紙がされていたと言う。
 
 
 
でも、世話をしている人は、
「優しい子なの。こんなことするわけない」とご立腹。
しかし、誰も触ろうとはしない。
 
 
 
これじゃ保健所に連絡されてしまう。
そんなに時間がない。と皆さん大慌て。
 
 
 
一度餌やり中に捕獲に成功したらしいが、手近にあった段ボールに簡易的に入れただけだったらしく逃げてしまったと言う。
 
 
 
そして次に、遠方から聞きつけてキャリーバッグを持って本格的に捕獲を試みた人もいたらしいが、
とうとう捕まらず諦めて帰ったらしい。
ただこの方は帰宅後、先住猫が何かを察知したのか大暴れで、保護は無理ということを、後日伝えにきたらしい。
 
 
 
ただ張り紙がある以上、もうそんなに時間的余裕はないのだろう、
母も捕獲に乗り出す気になったらしい。
 
 
早朝5時に様子を見に行ったり、保護した後の隔離しておく場所を作ったりとしだした頃、やはり、我が家の猫達も察知してきたらしい。
 
 
 
ミルクの嘔吐が再燃。
 
 
 
そして、トムの八つ当たりに一層磨きがかかる。
(トムの八つ当たりの一部はこちらをご覧ください。)
 
 
 
最近では、テレビを座って見ていたわたしに正面から突進してきたと思ったら、
突然方向転換をして、一メートル以上先にある、高さ二メートル弱の棚に乗るため、ちょうど肺の辺りを後ろ足で蹴り上げられ、あまりの衝撃に息が止まる。
その後も、うまく息が吸えずアタフタしたりしてました。
鎖骨付近を蹴られてたら、たぶん折れてました。
それくらいの、力で蹴られました。
 
 
ちょっと、命の危険を感じています。
 
 
tom_2021_0920.jpg 
やさぐれている、トム君です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

2021年2月28日

トムとの攻防、まだまだ続く。

 

パソコンにゆっくり座れなくなって、もうどのくらい経つだろう。

 

トムが寝ている間にチャッチャとお仕事を済ませ、
とにかく必要最低限なPC稼働率。

 

ゲームなんか出来るわけもなく、ゲームタイム180を入れても、
虚しく月日が経っていくだけ。
ほとんどIN出来ないのに、GT180をもう何枚入れただろう。

 

このままじゃダメだ。

 

なんとか対策を考えることに。

 

まず、PC本体裏の配線を引っ張る齧るの対策。

 

ケーブルスパイラルチューブと頭に浮かんだが、保護すればするで、
今度は引っ張るのだ。もっと他に方法は…行きついたのが、

 

2021_0227_1.jpg
後ろまで塞ぐ。
(パソコン自体は、以前トムに蹴飛ばされ、
危うく倒されるところだったので、柵を被せた)

 

 

すると、止んだ。引っ張り出そうとまではしない。


はみ出ているコードには興味なし。(……

 

しかーーーし!!!

 

敵は甘くなかった。
反対側から潜ればいたずらできると、机下の足元に忍び寄ったのだ。

 

そこで、飼い主は考えた。足元も塞ぐのだ。
ただ、片方と同じく網で囲うことは出来なかったので、
なにか物で塞ぐしかなかった。

 

そして考え付いたのが、

 

2021_0227_3.jpg 
収納ボックス。

 

サイズが合うのを見つけるのが大変でした。

 

しかし、まだまだ敵も諦めません。

 

そこで、twitterなどで話題になった、机の横に箱を置いておけば、
そこに入って大人しくなるというもの。

 

ほんまかいな?と疑心暗鬼だが、試す価値はあるかも?と、
箱ではなんなので、小さなベッドを買って置いてみた。

 

2021_0227_2.jpg 

 

ところが…これが巷で話題になるほどか?全く興味を示さぬ。
しばらくして、誰も周りにいないとき、サムが寝床に使ってたり…
意味ないじゃん。

 

そして、どのくらい月日が経ったろう。

 

やっと使ってくれた。とうとう使ったよ!!!

 

tom_2021_0227_1.jpg 
はみ出てる。

 

tom_2021_0227_2.jpg 
埋まってる。

 

tom_2021_0227_3.jpg 
なんか、違う気がする。

 

 

これっきり使われることないベッドなのでした。

 

 

 

 

2021年2月16日

サム君、家の中で行方不明。

 

2月13日、夜11時ごろ突然、ドンっ!ときた。
横揺れが始まるが、え?あれ?大きいぞ。
あ。デカくなる。そう思った瞬間、ドッカンドッカン揺れ始まる。

 

揺れは2度3度と強さが増していく。あの時にそっくりだ。

 

硬直して身体が突っ張ってしまう前に体勢を整える。
床に居ても身体が持って行かれる勢いだ。

 

水槽から溢れ出る水とともに、稚エビが床に流れ出す。

 

サムが水溜まりに滑りながら逃げていく姿を見る。
この時もっと逃げる方向を確認しておくんだったと、悔やまれる。

 

長い。収まらない。

 

なんとか収まりかかって、タオルで水を…と思ったけど、
あ、稚エビ。。。すぐには拭けないじゃん。

 

あまりに小さいエビと、極度の緊張で硬直しているわたしに代わり
母が必死でつまんで水槽にポイしてくれた。
この後も数匹干からびる前に見つけ、わたしもぽいっ。

 

トムが悠然と稚エビを踏んづけて甘えにきた。ぉぃ。

 

ひたすら床を拭いている間も、余震がやってくる。
あー…また余震で眠れないのかぁ...
いつまで続くんだろうと思いながら片付ける。

 

ふと我に返ると、サムが見当たらない。
あ~…サムにとっては、生まれて初めての大地震だった...

 

さーむー?さあああああむううううううう!!!
呼べど、叫べど、うんともすんとも返事も音もしない。

 

母は、外行っちゃった!?と言うけれど、
ガラスが割れた音はしなかったよ?
じゃー家の中…あっちこっちを探すけれど、見つからない。

 

オヤツで釣っても現れない。

 

仕方ない、伝家の宝刀を出そう。
大好きな、超大大大好きで、​茹でてる最中から気付いて
何があってもすっ飛んでくる、ブロッコリー!

 

ダメだ。出てこない。

 

もう一度窓を確認するが、どこも穴は開いてない。

 

これは、密室殺人だ!って、違う...

 

その後も、呼びながら、叫びながらの片付け。

 

朝の7時を回る頃、へっぴり腰のサムが、ヨタヨタ、ビクビク現れる。

 

どこにいたのおおおおお!?

 

とにかく、ちゅーるだ!水分だ!飯だああああああああ!

 

ネコは長時間食事をしないと、身体から毒素が出るとか
聞いたことがあるので、気が気じゃなかったこの数時間。

 

ところがあまりのショックなんでしょう、食べません。
困った。
部屋中をうろうろうろううろうろうろうろ、徘徊です。

 

こたつに潜ったところで、いつもはしない甘やかしをしてみました。
こたつの中で食事です。
かろうじて成功。完璧とまではいかないけど、すこーし、食べてくれました。
一安心。

 

はぁ...探しながらの片付けだから、なんだかもうですよ。
ただただ疲労だけが・・・疲れ倍増。

 

 

地震大丈夫?と心配してくれて、ありがとうです。
心臓バクバクで体中硬直で、汗ダクダクだけど
気にかけて貰えるだけでちょっと元気出ます。

 

だけど、「今回のは前震で、これから本震がくるよ」と教えてくださる方がいますが、教えてくれなくていいです。
心配して、善意でそう言ってくれるのは重々理解できますが、

 

たしかに、そうなのかもしれない、いやそうじゃないかもしれない。

 

言いたいのは、いま部屋中が物凄いことになって片付けに追われている人にとっては、その言葉は堪ったもんじゃない。
あまりに辛いです。

 

そうだねー気を付けるよー!!って言えるほど、メンタルそんなに強くないです。

 

それに、今回から状況が違います。
サムが増えたことです。
物凄い臆病で、またこんな大きいのがきたら、いったいどうなるんだろうと途方に暮れてしまう。

 

母に辛くて話したら、「言い方よねぇ~」ですって。
( ̄▽ ̄;)あはは・・強いわ...。

 

 

二日経ったあたりから、少しずつですが、変化がありました。

 

sam_2021_0215.png  

でもまだ本調子ではないサム君です。

 

いろいろ散乱してますが、まだまだ片付け最中です!(笑)

 

 

 

 

 

2021年1月18日

かつての可愛さはもうどこにもない。

 

ミルクの嘔吐が解決して 1週間くらい経った頃...

 

わたしが動くとトムが突然ダッシュして足元に突進してくるようになった。

 

立ち上がろうとした瞬間、ズザザァーーーーってな感じで、足元に突進。

 

わたしはその勢いでよろける。

 

転倒を恐れて、身体が硬直する。

 

以前は足元スリスリ程度の、近寄ってきて側をクルクルクルクルするくらいだったのが、わたしをあざ笑うかのように、突進しては、ダッシュを繰り返す。

 

以前も書いたが、小学校低学年には車椅子と言われていたわたし。
なんだかんだと「つかまり立ち」は、かろうじて維持してきた。

 

だけど、それもとうとう無理になってきた。

 

あまりのトムの突進に、立ち上がることさえできなくなってきてしまった。

 

母も、いったいなんなんだ?これは・・・と首をかしげるほど。

 

でも、一応思い当たる節はある。

 

ミルクだ!!!!!!!

 

一年以上、ミルクに振り回された、そう!一年以上も!

 

病院行っても、何も異常無し。
ありとあらゆるご飯を試し、時には療法食まで試し、ふやかし、すり潰し、はたまたウェットフードまですり潰し、吐き戻し防止のために毎食後、縦抱き抱っこをし、その後温灸治療。それでも毎食後には吐くので、後片付けに洗濯。
一日のほとんどをミルクの世話に費やす日々。母は、疲労困憊。

 

そしてその理由は、
ただ、ドライフードを分けて与えて欲しかった。だけ。

詳しくは、ネコを保護するということが、こんなに大変なことになるなんて思わなかった。 を…

 

ただそれだけ。

 

それをなにも文句も言わず、じっと傍らで見続けてきたトム。

 

ミルク「おい。いいだろう。俺の要望通してやったぜ~へへへっ」なんて、言ったか言わずか知らんけれども…

 

ずっとうらやましかったトム…妬ましかったトム…

 

そして、トムの逆襲が始まったのか。

 

その矛先はすべて、わたし。

 

ミルクが治まってから、あの手この手と、わたしを困らせる。
いや、いじめられてる気がするんだけど...

 

PCをやるため、椅子に座ろうと立ち上がった瞬間、どこにいても走ってきて椅子を分捕る。退かそうとすると飛びついてきて首根っこに齧り付こうとする。ひたすら退くのを待つしかない。

 

やっと退いてくれたので、さぁと立ち上がった瞬間舞い戻り齧り付く。

 

噛まれる痛さに立ち上がる途中の身体は強張り固まって、椅子に座ることも、その場にしゃがむこともできず、しばしの硬直。

 

これの繰り返し。

 

そのうち体が覚えてしまい、立ち上がることが困難になってしまった。

 

立ち上がるのが困難って、なんと日常生活が不便でしょう。
 

 

そんなことが何度も続いているうちに、パソコンをすることさえ億劫になってしまった。

 

それでも、なんとか頑張って座り、パソコンを始めると…
なんと今度は、あの手この手、手を変え品を変え、ありとあらゆることで邪魔するようになった。

 

まずは、パソコンまわりの配線を引っ張る、齧る。

 

モニター上の棚にのぼり、落ちてくる。(万が一頭にでも落ちてこようなら、首の骨が折れます。)

 

棚に乗っているすべてのものを落としまくる。

 

モニターをひっくり返そうとする。(もう、やけくそになりつつある)

 

キーボードの上をトテトテ歩き、Ultima online内のマクロを発動させ、キャラクターを全裸にさせてから敵に突っ込ませた、かつての可愛さはもうどこにもない。

 

 

 

 

2020年6月26日

ネコを保護するということが、こんなに大変なことになるなんて思わなかった。

 

玄関先でサムを保護してから、半年を過ぎようとしていた時。

 

2018年5月、突然ミルクの嘔吐が始まった。

 

最初は朝早く、嘔吐の音で目が覚める。ミルクはケージの中で寝かせているので、限られた場所で嘔吐をすればベッドは物凄いことになる。朝一番の母の仕事が、嘔吐の片付け、ベッドの洗濯から始まる。

 

それも、一週間に一回程度なら猫にとっては普通のこと。
しかし、気が付いたら毎朝になっていたのだ。
毎朝、ケージの掃除に、ベッドや毛布の洗濯。
次第に母の疲労は溜まっていく。

 

そのうち毎食後に吐くようになる。
元々偏食傾向ではあったが、こんなに吐くというのは今までになかった。
シニアにもなってるし、消化機能が衰えてしまったのかと、ウェットフードを何回にも分けて与えたり、すり鉢ですり潰しペースト状にするが、収まらず。

 

ドライフードを療法食の「i/d」にしてみるが、最初の数日はいいが、その後はダメ。ふやかしては食べず。
ドライフードを止めてみたりすることもあった。(胃に負担が掛かるのかと思って)

 

新生児にゲップをさせるように、縦抱き抱っこをしてゲップをさせていたが、それも次第に通用しなくなる。
いくら猫とはいってもそれなりに体重はあるので、10分15分抱っこしたまま立ち続けた母は、肩や腰を痛めた。

 

思い当たることはすべてやってみた。
毛玉のせいかと思い、ブラッシングをいつもより念入りにしてみたり、お腹が空きすぎて胃液が出てしまうのか。ならばと、朝食を早くにしたり、夜中に食べる分を置いておいたり、いろいろやったがダメ。

 

仕方ないので温灸も始めてみるが、効果なし。

 

ここまでやる前になぜ病院に連れて行かない?と思われる方もいらっしゃるでしょう。途中、ここまでやる前に医者にも行ったんです。血液検査もして、調べて貰いましたが、すべて異常なし。

 

すべて異常なし! やれること無し!

 

原因は全く分からず、ただただ洗濯の毎日。

 

 

ここで少し話を戻しましょう。(?

 

前回のエントリー 毎朝、サムのご飯はハラハラドキドキ。 にて、

 

 

朝一番で食べるものは、なるべくやわらかいものがいいかと、まず最初にウェットフードから様子を見つつ、次にドライフードは数回に分けて与え、食後すぐに動いても嘔吐の原因になるかと、食休みを取らせる。
その為、サムのご飯はケージに入れて与えています。毎日毎回、結構時間が掛かります。

 

で、書いたように、サムにはドライフードを数回に分けて与えています。
この話を念頭に置いたうえ次に進みましょう。

 

ある日、正確にいうと、2019年8月18日。サムのドライフードを数回に分けて与えていた時、母がふとミルクのケージに目をやり、「あーやってねぇ、サムにあげてるのをジーっと見てるのよねぇ」とつぶやきます。

 

ん?

 

んん?????

 

上のほうで
>シニアにもなってるし、消化機能が衰えてしまったのかと、ウェットフードを何回にも分けて与えたり、すり鉢ですり潰しペースト状にするが、収まらず。

 

と書きました。

 

そうです、ウェットフードは何回にも分けてやりました。時には 5,6回に分けて。

 

サムには、ウェットフードは一回で与え、ドライフードは早食い防止の意味で数回に分けていました。

 

ミルクは早食いなんてまったく心配ないので、まず最初に胃に入るウェットフードを少しずつ与えようと、数回に分けて与えていたのです。

 

ま・さ・か・・・・・

 

サムと同じく、ドライフードを数回に分けてほしくて、やっていた?????

 

確かにサムに数回に分けてドライフードを与えていますが、ものすごい速さで食べるため、次のが待てず、ゲージの中で雄たけびを上げながらの催促。
まるでわんこそばのように、「ハイ次!」「ハイ次!」「ハイ次!」とやっているため、数回に分けてやる必要があるのか?という勢いなのです。

 

それでも試しにやってみようと、ミルクにドライフードを分けて与えることにしてみました。すでにウェットフードは数回に分けて与えているのに…。
案の定、食べるスピードは亀の歩みのごとく、ポリッ・・・カリッ。ポ、ポリッ。。。カリッ…いったいどのくらい待てばおかわりいっていいんでしょうか?

 

それでも付き合ってみました。

 

付き合うこと、1週間。

 

吐くのが 止まりました...

 

えぇ。止まりました。

 

 

ここに至るまで、ただただ洗濯の毎日。
ご飯はどれだけ変えたでしょう。療法食も試しました。
やり方もいろいろ試しました。ペーストにしたり、ふやかしたり。

 

通院の毎日もありました。

 

毎食後の縦抱き抱っこの日々。

 

毎食後の温灸。

 

 

すべて、無駄。

 

 

ただ、ドライフードを分けて与えて欲しかった。

 

 

ここに辿り着くまで…

 

言えない!とても言えない!

 

1年以上も掛かっただなんて!!!!!!!

 

とても言えない!!!!

 

 

そんな、分かんないよ…無理だよ。

 

ドライフードを分けてくれない腹いせだなんて…

 

そんなん、分かんないよぉ…

 

なにを何回も貰ってるの!?って勘違いしてたなんて。

 

ぁぁぁぁぁああああああぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!
うそだあああああああああああああああああああ!!!!

 

気付かない、わたしが悪いのか!!!

 

 

そして、この騒動は、これで解決とはいかなかったのです。

 

 

 

to be continued...

 

 

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11