2014年7月20日

遅かれ、早かれ・・・。

 

分かってる。誰が悪いわけじゃないって…


ただ、来る時が来てるだけ…

 

 

歩行がおぼつかないのに、それを知ってか知らずか・・・

歩き始めるわたしを追い越し、これをする。

 

nadero.jpg

さーーー!思う存分撫でるがいい!!

 

おぼつかない足取りで、せーのっ!と、歩き出す先に、これが待ち受ける。

 

止まればいいじゃん?

 

うん。知ってる。

 

だけどね・・・
せーのっ!で、勢いつけて歩き出してるわたしが、急に止まれるかーっ!!
そばに、なにか掴まる物があればいいが、必ずしもそうではない。

 

仮に掴まる物があって、そこに捕まり立ちしていたとしても、
足元で、この姿。


撫でないと、そばにある棚に上り、わたしの頭と同じ高さにやってきて、
なぜ撫でない!と、頭突き・・・ではなく、甘えてきます。
その頭突きが、あまりに力強いため、突き飛ばされます。

 

だんだん捕まり立ちさえ、おぼつかなくなる始末。

 

たしかに、こんなあられもない姿をさらけ出してくれるんだ、
どれだけ、信頼してくれているか分かるよ。

 


お腹に顔をうずめ、もふもふ楽しいよ。

 

だけど、転倒した先にトム君が居たら。
このあられもない姿の上に、転倒してしまったら・・・
想像しただけで、ゾッとする・・・。

 

猫は足元スリスリが当たり前。

 


しつけ次第と言われるかもしれない。
犬には、「待て!」はできるが、果たして猫は・・・。

 

一度、歩くところ歩くところ、擦り寄ってきて、どうにもならず、
軽いプチパニックを起こしたときがあった。
どいて!と言っても、余計擦り寄ってきて、近くに捕まるものも無く、
もう、どうしていいか分からず、泣き出しそうになったとき・・・

 

その状況を察知したらしい。
一定の距離を取り、こちらをジッと見つめ、微動だにしない。
そして、しっかり大丈夫になったところで、近寄ってきて、
上の写真のような姿で待っていた。

 

・・・と、ここまでで、わたしの歩行困難がまるでトム君のせいのように書いてきたが、
いや、実はわたし自身もそう思っていた。


が!しかし!


2005年2月26日のエントリーで、もうすでに愚痴ってるじゃん!自分。

 

トム君、ごめん・・・weep
君のせいじゃ無かったよ。

 

nadero_2.jpg

 

トム君のせいじゃないんだよね。
遅かれ早かれ、こうなっていくんだよね。って母に言ったら、

 

・・・・・
だぁ~か~ら~!
もうね!小学校高学年でぇー(ry





はい。分かりました。今まで持ったのが奇跡なんですね。ぁぃ。
 

 

 



2014年3月21日

姿勢のイイ寝相。

 

chon.jpg
両足揃えて寝ています。

 

 



2014年3月13日

トム君を探せ!

kaseihuhamita.jpg

 

ん?

 

どこにトム君いるの?

 

 

kaseihuhamita_2.jpg

 

いた!!w

 

 



2014年2月22日

2月22日は猫の日!

2月22日は、ほぼ日を 猫で一杯にするニャー!

 

と、いうことで送ってみました。

nekoday3.jpg
載っちゃった。"((∩´ー`∩))"

 

トム君が載ったページ。

http://www.1101.com/pl/140222neko/statuses/177049

 


 



2014年2月 5日

トムベッド。

 

猫バスならぬ、トムベッド。

 

tom_bed.jpg
顔とベッドが一体化。

 

tom_bed2.jpg
なんかよう?

 

いえ・・・。

 

 



1  2  3  4  5  6  7  8