2018年12月 3日

悪夢が蘇る。

2018_tom_1205.jpg

 

ドライフードをまったく食べなくなり、
ウェットフードも徐々に食べなくなっていくトム君。

 

間に大好物の「焼ささみ」を与えてみたら、一応食べた。

 

わたしの部屋のミニキッチンの流しで、
蛇口からチョロチョロ流れる
水を飲むのが大好きだったトム君。
だけど、それもまったくしなくなった。
水も飲まない。

 

トムが水を飲んでいると、
最近必ずサムが邪魔するようになってきた。
流しの下から脅かすのだ。
それもストレスだったのかな。

 

飲まず食わずに突入だ。

 

ウェットフードも受け付けなくなった夜。

 

突然、わたしのPC机の下でえずきはじめる。

 

見事に吐きまくる。
そこら中に吐きまくる。

 

あまりの衝撃で、自分の体を保っていられないため
えずく度に、ぐらんぐらんと体が左右前後に動く。

 

まっ黄色な液体と、大好物な焼ささみが出た。

 

わたしのPC机は、自分の体に合うように
スチールラックで棚の高さを調節しながら組み立てたもの。
なので、入り組んだ造りになっている。

 

母が必死で潜り込んで掃除をしてくれた。
頭をガッツンとぶつけながら...

 

動くたびに、
「頭ああああ!」と注意するしか出来ないわたし。

 

 

そして残された道は、温灸するしかない。

 

ただ、トムに温灸はやったことがない。
やろうにも、「出来ない」が正しいかもしれない。

 

抱っこされることを基本的には嫌うトム。
とにかく暴れて、とてもじゃないが出来ない。

 

なのに、いま、やらせているのだ。

 

いったいどうなってるの…

 

 

悪夢が蘇る。

 

 

「そんなこと考えるんじゃない!」

 

と、母に怒られる。

 

だけど、怖いよ。怖くてたまらないよ。

 

 

夜も眠れない。吐き気がする。

 

どうしてこうなったの?
この8年間、どれだけ気を付けてきたか。

 

あんな思いは二度としたくない。

 


それだけを考えて育ててきたのに。

 

いったいどこで間違ったの?

 

 

 

「夢ならばどれほどよかったでしょう」 Lemon

 

この歌詞が頭を駆け巡る。

 

 

 

 



2018年12月 2日

トム君が、ゴハンを食べない。

2018_tom_1202.jpg

 

実は去年、トムが病院に掛かりました。…はい、去年です。

 

しばらく前からちょっと口臭がし始め、
だんだん酷くなってきたので病院で見てもらうことになったのが、
去年の10月。

 

口の中を見てもらうと、右の奥歯がグラグラになっていました。
そういえば最近、
カリカリを食べても音もせず飲み込んでしまっているようでした。
痛かったのでしょう。

 

「もしかしたら、このまま引っ張れば抜けるかも?」
と先生は鉗子を取り出し、おもむろに引っ張ると

 

”すぽっ!”っと抜けました。

 

塊は、とても歯が一本には見えません。
もしかしたら歯の抜け替わりに失敗でもしたのでしょうか。
2本近く固まってるように見えました。

 

血が少し出ましたが、これといった処置もなく、おしまい。

 

その時病院の壁に、

 

「健康診断 血液検査半額キャンペーン」


という張り紙が貼ってありました。
トムも7歳になり、だんだんシニアの仲間入り。
普段は一万円以上もする血液検査。
ちょっと魅力に感じてしまいました。

 

しばらく考えて、お願いすることにしました。
ラボに出すため結果は1週間ほど掛かるとのこと。

 

1週間後結果を聞きにいくと、
先に診察室に入ったわたしに先生は

 

「まったく問題ないレベルです。」

 

と、2,3個赤い数字が出ている報告書を出して、
「基準値超の数値が出ている箇所もありますけど、
これといって、まったく心配する数値ではないですよ」とのこと。

 

ところが母が遅れてやってきたら、
ちょっと変わってきてしまった。
「血液検査が初めてなので、前データが無く、
比べられないのでなんとも言えない。
今後3ヶ月に一回ほど検査をしていき、比べてみないと分からない」

 

ん?うーん。これは二つの言い分を足して2で割るのかな?

 

『いまは、問題になるような数値ではないが、
今後どうなっていくのか分からないので、
3ヶ月に一回検査をしていきましょう。』

 

ってこと?

 

だけど、3ヶ月に一回一万円以上…。なかなかハードな金額です。

 

と、ここまでが去年の話。前置きが長くなってしまいました。

 

3ヵ月毎の血液検査、
とにかくもう一回は検査しなければいけないとは思っていました。

 

だが、しかし…。去年の11月以降、なにがあったか…。
そうです、サムが我が家にやってきました。
そしてサムのカテゴリーを見ていただければ分かると思いますが、
とにかく大変な毎日でした。
トムの血液検査どころではなくなってしまった1年でした。

 

サムが少し落ち着いたと思われる頃、ミルクの不調。
収まるまで4ヶ月近く掛かりました。
ミルクもやっと落ち着いたので、
3ヵ月後どころではなくなってしまいましたが、
トムの血液検査をやりに行こうということになりました。

 

ただ、トムは予防接種を受けていません。
2回目まではなんとか受けさせましたが、
副作用が出てしまい、怖くなってしまったからです。
一応完全室内飼いという事で、仕方ないということです。

 

なので、なるべく病院には行かせたくないのですが、
シニアにもなってきましたし、
猫の腎臓肝臓は高齢になってくると悪くなるとよく聞きます。
早めの予防が出来ればと思い、先週、血液検査に行ってきました。

 

いままで掛かってきた病院は、
ミルク、トム、サム、とみんなお世話になってきました。
診てくださる先生も女性の先生で、
看護師さんも女性。みんな大人しく診て貰っていました。

 

ところが今回、看護師さんが男性だったらしいのです。
つい先日ミルクを観て貰った時までは女性の看護師さんだったのに、
今回初めての男性看護師さん。

 

トムにとっても初めての男性看護師さん。
それもちょっと新人さんだったみたい。

 

いつも大人しいトム君も、今回ばかりは動いてしまったらしく、
採血も足りなく、2度針を刺すことになってしまい、
男性看護師さんに羽交い絞めにされてしまったそうです。
いつもは少し抑えられるくらいで大丈夫なはずなのに。

 

よほどショックが大きかったのか、
帰宅後わたしのそばを片時も離れることなく、ひたすら眠る始末。
3,4日はただただひたすら眠っていました。
ただ、食欲だけは落ちずにちゃんと食べていました。

 

ところが、昨日あたりから、
カリカリを食べなくなってしまいました。
それでもウェットフードは食べていたのが、
今日はそれもダメ。どうなっているんだ。困った。

 

早めの予防にと連れて行ったはずなのに、なにこれ...

 

 



2018年2月28日

ある日の出来事。

 

ある日の出来事。

 

サム君が何かを見つけました。

 

2018_sam_1.jpg 
こりは!!!!

 

 

2018_sam_2.jpg 
にゃんだこりは!!!

 

2018_sam_3.jpg 
うきゃあああああああ!!!

 

 

2018_sam_4.jpg 
おりゃおりゃおりゃあああああ!!!

 

 

2018_sam_5.jpg 
こうしてくれるううううう!!!

 

 

2018_sam_6.jpg 
えりゃあああああああああ!!!!

 

 

 

 

 

 

2018_tom_1.jpg 
とっても怒っている、トムさんでした。

 

 

 

おしまい。

 

 



2018年1月23日

【保護猫】トムの尻尾で遊ぶサム。

 

 

 

トム君が尻尾で遊んであげています。

 

 



2017年11月15日

トムが見つけた。

 

トム君が窓から離れない。
母が不思議に思い一緒に庭を見てみると、庭の畑に何かが動く。
じっと目を凝らしてみてみると、小さい子猫。
畑の何かを必死で食べているらしい。

 

母が子猫を確認した途端、トム君は「よし、教えてやったぞ。あとはまかした」と、言ったかは定かではないが、その場を離れどこかへ行ってしまう。

 

母は、それから気になって仕方ない。
しばらくしてまた見に行くと、畑から居なくなっていた。

 


「あ~どこかへ行ったんだ。」と思い、玄関に目をやると、
玄関の前にちょこんとお座りして、家をじっと見つめていたらしい。

 


「えええ!?ど~いうことぉぉ~~?」と、玄関の鍵を開け、
そーっとドアを開けると、子猫はトコトコと数歩歩き、
植木鉢と植木鉢の間に頭を突っ込みまたお座り。

 


これぞ、頭隠してお尻隠さず。
近づくと数歩歩き、ちょこんとお座りの繰り返し、
逃げるというわけでもないらしい。

 

母は困った。それには理由があるのです。

 

トムのお兄ちゃん、ブルーのこと。
ブルーは感染症、FIPで亡くなりました。

 


感染症がどれだけ怖いものか、嫌というほど身に染みました。
もうあんな思いは嫌です。二度とイヤ。

 


だから、よその猫を触ることは厳禁。
外出した洋服はすべて玄関で脱ぐ。
なるべくウィルスを持ち込まない、を徹底していました。

 


限界はあるけれど、出来ることはやろうということでした。

 

そこでこの出来事です…母は困った。わたしになんて言おうと…

 

野良猫です。なにを持っているか分かりません。

 


怖いんです。

 


とてもわたしには保護活動というものは出来ないと思っていました。

 

ただここで頭をよぎったのが昨日の夢…

 

 

あ~このことだったんか?5匹もいなくてヨカッタ…(違

 

「とりあえず、ちゅ~るでもあげて、捕まるなら捕まえて、トムのこともあるし病院で血液検査しに行こう。」

 

母は早速捕まえに行きました。
 

 

今までも近所に子猫がやってきて、ニャーニャー鳴いてるときも何回かありました。
何度か捕獲しようと思ったときもありましたが、すべての猫が元気過ぎて、
近づくや否や、ふっ飛んで逃げていく猫ばかりで、捕獲するなんて到底無理でした。

 

はっきり言って、今回もその類かと思っていました。

 

窓越しから見ていると、すんなり母は子猫を持ち上げ玄関に向かって歩いてきました…

 

「トム君、、、どうしよ。捕まえちゃった。。。」

 

今回は違ったみたいです。すんなり捕まるほど・・・・・弱っていたんです。

 

 

 



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10