2017年11月15日

トムが見つけた。

 

トム君が窓から離れない。
母が不思議に思い一緒に庭を見てみると、庭の畑に何かが動く。
じっと目を凝らしてみてみると、小さい子猫。
畑の何かを必死で食べているらしい。

 

母が子猫を確認した途端、トム君は「よし、教えてやったぞ。あとはまかした」と、言ったかは定かではないが、その場を離れどこかへ行ってしまう。

 

母は、それから気になって仕方ない。
しばらくしてまた見に行くと、畑から居なくなっていた。

 


「あ~どこかへ行ったんだ。」と思い、玄関に目をやると、
玄関の前にちょこんとお座りして、家をじっと見つめていたらしい。

 


「えええ!?ど~いうことぉぉ~~?」と、玄関の鍵を開け、
そーっとドアを開けると、子猫はトコトコと数歩歩き、
植木鉢と植木鉢の間に頭を突っ込みまたお座り。

 


これぞ、頭隠してお尻隠さず。
近づくと数歩歩き、ちょこんとお座りの繰り返し、
逃げるというわけでもないらしい。

 

母は困った。それには理由があるのです。

 

トムのお兄ちゃん、ブルーのこと。
ブルーは感染症、FIPで亡くなりました。

 


感染症がどれだけ怖いものか、嫌というほど身に染みました。
もうあんな思いは嫌です。二度とイヤ。

 


だから、よその猫を触ることは厳禁。
外出した洋服はすべて玄関で脱ぐ。
なるべくウィルスを持ち込まない、を徹底していました。

 


限界はあるけれど、出来ることはやろうということでした。

 

そこでこの出来事です…母は困った。わたしになんて言おうと…

 

野良猫です。なにを持っているか分かりません。

 


怖いんです。

 


とてもわたしには保護活動というものは出来ないと思っていました。

 

ただここで頭をよぎったのが昨日の夢…

 

 

あ~このことだったんか?5匹もいなくてヨカッタ…(違

 

「とりあえず、ちゅ~るでもあげて、捕まるなら捕まえて、トムのこともあるし病院で血液検査しに行こう。」

 

母は早速捕まえに行きました。
 

 

今までも近所に子猫がやってきて、ニャーニャー鳴いてるときも何回かありました。
何度か捕獲しようと思ったときもありましたが、すべての猫が元気過ぎて、
近づくや否や、ふっ飛んで逃げていく猫ばかりで、捕獲するなんて到底無理でした。

 

はっきり言って、今回もその類かと思っていました。

 

窓越しから見ていると、すんなり母は子猫を持ち上げ玄関に向かって歩いてきました…

 

「トム君、、、どうしよ。捕まえちゃった。。。」

 

今回は違ったみたいです。すんなり捕まるほど・・・・・弱っていたんです。

 

 

 



2017年8月 9日

トム君の水遊び。

 

 

 

ホットプレートに水を張った途端、水を飲みにきたトム君。

 

ところが突然入りだし、水遊び。

 

お手手は、びっちょびちょ。周りもびっちょびちょ。

 

 

残念なことに、とっさの事でカメラの向き間違えた…( ̄Д ̄;)アゥゥ…
わたしの叫び声は入るし、ちょっと恥ずかしい動画になっちゃいました(自爆)

 

 

 



2016年4月29日

キャットタワー。

 

昨年購入したキャットタワー。

cattower.jpg
とってもお気に入りで毎日外の様子を監視中。

 

だがしかし…やはりメタボなのか、一番てっぺんの所を昇り降りする時に、少々グラつく。たぶん、支柱がBoxでさえぎられることによるものかと。このBox、ほとんど入ることはない。sad 無くてもよかったのに…

 

なんて思ってたら、やはり改良されていた。

 



お掃除簡単キャットスリムボード (キャットタワー 高さ120cm)

 

Box無くなってる…sign03

 

 

 



2015年3月24日

釣りをするトム君。

 

 


メダカの水槽で釣りをするトム君です。

 

果たして釣れるのでしょうか…?

 

 

 



2014年7月20日

遅かれ、早かれ・・・。

 

分かってる。誰が悪いわけじゃないって…


ただ、来る時が来てるだけ…

 

 

歩行がおぼつかないのに、それを知ってか知らずか・・・

歩き始めるわたしを追い越し、これをする。

 

nadero.jpg

さーーー!思う存分撫でるがいい!!

 

おぼつかない足取りで、せーのっ!と、歩き出す先に、これが待ち受ける。

 

止まればいいじゃん?

 

うん。知ってる。

 

だけどね・・・
せーのっ!で、勢いつけて歩き出してるわたしが、急に止まれるかーっ!!
そばに、なにか掴まる物があればいいが、必ずしもそうではない。

 

仮に掴まる物があって、そこに捕まり立ちしていたとしても、
足元で、この姿。


撫でないと、そばにある棚に上り、わたしの頭と同じ高さにやってきて、
なぜ撫でない!と、頭突き・・・ではなく、甘えてきます。
その頭突きが、あまりに力強いため、突き飛ばされます。

 

だんだん捕まり立ちさえ、おぼつかなくなる始末。

 

たしかに、こんなあられもない姿をさらけ出してくれるんだ、
どれだけ、信頼してくれているか分かるよ。

 


お腹に顔をうずめ、もふもふ楽しいよ。

 

だけど、転倒した先にトム君が居たら。
このあられもない姿の上に、転倒してしまったら・・・
想像しただけで、ゾッとする・・・。

 

猫は足元スリスリが当たり前。

 


しつけ次第と言われるかもしれない。
犬には、「待て!」はできるが、果たして猫は・・・。

 

一度、歩くところ歩くところ、擦り寄ってきて、どうにもならず、
軽いプチパニックを起こしたときがあった。
どいて!と言っても、余計擦り寄ってきて、近くに捕まるものも無く、
もう、どうしていいか分からず、泣き出しそうになったとき・・・

 

その状況を察知したらしい。
一定の距離を取り、こちらをジッと見つめ、微動だにしない。
そして、しっかり大丈夫になったところで、近寄ってきて、
上の写真のような姿で待っていた。

 

・・・と、ここまでで、わたしの歩行困難がまるでトム君のせいのように書いてきたが、
いや、実はわたし自身もそう思っていた。


が!しかし!


2005年2月26日のエントリーで、もうすでに愚痴ってるじゃん!自分。

 

トム君、ごめん・・・weep
君のせいじゃ無かったよ。

 

nadero_2.jpg

 

トム君のせいじゃないんだよね。
遅かれ早かれ、こうなっていくんだよね。って母に言ったら、

 

・・・・・
だぁ~か~ら~!
もうね!小学校高学年でぇー(ry





はい。分かりました。今まで持ったのが奇跡なんですね。ぁぃ。
 

 

 



1  2  3  4  5  6  7  8