2010年9月16日

ブルー、病院 11日目。



なんだか、お腹がどんどん張ってきている感じがする。


お腹が、パンパンになっている感じ。


苦しそう。


流動食やって大丈夫なのだろうか?


病院で、お腹が張っている感じがするんだけれど、大丈夫か聞くと、


先生はブルーを抱き上げ、なにやらお腹の辺りを触ってる。


すると、おしっこが、ポタポタポタポタ。。。。って出てきた。


「だいぶ黄色いなぁ。。。ぁ、ビタミン入れてるからか」


え?いや、だって、お腹が張っているか聞いただけなのに。


その後も結構出たけれど、おしっこが溜まって張っていたって言うほどの量ではない。


「怖いんだよなぁ~、破裂すると困るからさぁ。」


って、ええええええ!?おしっこ出してくれなんて、頼んでない!


そんな~、これ以上悪くしたらどうすんのよ。


帰る時、流動食をこのままあげ続けていいのか(お腹の張りが心配)聞くと、


先生はこちらを向かず、背中を向けたまま、


「どんどんやって!10でも、20でも、30でも。」


なんか、見捨てられた気がした。


注射、2本。(抗生物質と、ビタミン剤)




帰宅後、ブルーの様子は極端に悪化。


ブルーの目に元気はなく、ピンクピンクしていた耳の中は、黄色になっていた。


瞳孔も開きっぱ。


息も荒い。


氷だけはどんなことがあっても美味しそうに舐めてたのに・・・


氷も舐めなくなってしまった。





2010年9月15日

ブルー、病院 10日目。



流動食をシリンジであげるのが、とにかく大変。


ものすごい抵抗。


お互いに苦痛だ。


わたしは、ブルーに、拷問しているの?


なんで食べてくれないの?


どうして動かない体なのに、そこまで抵抗するの?


毎日、3~4回。つらいよ。


でも、一度も吐いたことはないね。


嫌だったら、吐くよね。





どうしてこんなことになってしまったんだろう。


なんで?どうして?


いくら自問自答しても、答えでないよ。


それに、なんだかお腹が張っている感じがする。


とても苦しそう。


このまま流動食を無理やり詰め込んでるようなやり方、いいのだろうか。


詰め込んでといっても、10ccのシリンジに、3本が限界。


先生は、どんどんやれって言うけれど・・・


いったいどうすればいいの?


今日も、注射 2本。(抗生物質と、ビタミン剤)


だけど、氷だけは美味しそうに舐める。





2010年9月14日

ブルー、病院 9日目。



今日も相変わらず、トイレの行ったり来たり。


撫でながら、おしっこで~ろ、で~ろ、してたら、少しだけど採尿できた。


もし排尿障害だったりして、膀胱炎とかなってたら心配なので検査してもらうため。


ちょっと少ないから無理かなぁ。。。


とりあえず病院に持って行くと、


「検査したいって言うなら、するけど・・・。」


って、そういう問題なの・・・?うーん・・・。


結果、何も異常なし。


余計に、うーん・・・。


今日も、注射 2本。(抗生物質と、ビタミン剤)


今日も氷だけは、美味しそうに舐める。





2010年9月13日

ブルー、病院 8日目。



毎日毎日、トイレにひたすら行くブルー。


行っては戻り、行っては戻り。


でもトイレに、やっと入るけど、中では力尽きて倒れてしまう。


気が付いた時は、


「おしっこで~~ろ、で~ろ。○んちで~~ろ、で~ろ。」


って、言いながら体撫でてあげる。


すると、勢いよく、ショォ~~~って、おしっこでた。


これなら、採尿できるかな・・・?


今日も、注射 2本。(抗生物質と、ビタミン剤)


冷凍庫から氷を出す音がすると、目を輝かせて、待っている。


いまか、いまかと、待っている。


美味しそうに舐めている姿を見るのがつらい。







2010年9月12日

ブルー、病院 7日目。



夜、自分でトイレに行くこといったい何回だろう。


行っては戻り、行っては戻り。眠らない。毎日。


排尿障害なのか。


朝方トイレに行ったあと、


ナント、初めてだ。


私の布団にやってきて、お腹に乗ろうとしてきたのだ。


なにを隠そうブルーさん。本当になつかない子。


添い寝なんて片手で数えてもお釣りきちゃう。


それが、お腹に乗ろうなんて。。。


(高いところから飛び降りて、お腹に着地はしょっちゅうでしたが。死ぬかと思いました。)


うれしくって、じっとしてたけど、やっぱり登る体力は無くなってしまっているらしい。


あきらめて、脇に添い寝してくれた。寝てくれた。


どうしてこんなことになってしまったんだろうね。。。




ただ、この添い寝にはちょっとした理由があった。


○んちがゆるくて、お尻についてしまっていたのだ。


それで、なんとかしてもらいたくて、やってきたみたい。


それでもいいや、頼ってきてくれたんだ。


うれしいや。


今日も飲み薬に移れそうにない。


今日も注射、2本。(抗生物質と、ビタミン剤)


氷をうれしそうに舐めているのが、なんだか切ない。






1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11