2013年5月28日

ブルーの写真。

blue_eye.jpg
とってもキレイな目の色してたんですよー。
クリックすると、大きな画像で見られます。


たった 7ヶ月と少ししか生きられなかったブルー。
とっても短い時間。


ほとんど私のそばに居なかったので、残っている画像は 200枚弱。
だけど、ブレたり、ピントが合ってないものが結構ある。


でも整理なんかできない。
削除なんかできない。


DVDに焼き付けたけど、ちゃんと保存できているか心配。
いつか消えてしまうんじゃないかと、心配。


形に残しておきたいと常々思っていたところ、こんな便利なものが。


楽天写真館


初回注文者限定クーポンというのがあって、1枚 6円からですって。
今すぐ使える特別クーポンプレゼント!!


届くの楽しみ。ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪




2010年11月 3日

忘れられない。



母上に頼まれて、ブルーの画像を印刷した。


思い返せば、ほとんど私の周りに居なかったブルー。


そのこと自体が、異常だったんだね。


ごめんね、気付いてあげられなくって。


数少ない画像の中で、かろうじて印刷できそうなものを選んで印刷した。


なんか切なくなっちゃった。


ここまで大きくなったのに・・・。って


トムを抱きしめたら、涙が止まらなくなった。


ポロポロ、ポロポロ、流れ落ちる涙が、トムの背中にポタポタ。


ギュッって抱きしめて、トムの匂いを嗅いだけど、


ブルーの匂いはしないんだ。あたりまえだ。。。


何かを感じたのか、あのジッとしていないトムくんが、


30分以上もわたしに抱かれて、ジッとしてた。


気付いたら、トムくんの背中、濡れちゃった・・・。


涙に濡れた頬を、ぺろぺろしてくれた。




猫の舌は、とっても痛いです。





2010年9月19日

ブルー、ごめんね。



いままで、いっぱい動物飼ってきたけれど、こんな終わりかた初めてだ。


ブルーと初めてペットショップで出逢えて、我が家に迎えることになって、
これから、15年、20年って、一緒に生きていけると思った。


猫を飼うのはこれで 3匹目だ。


一匹目は捨て猫、拾って 20分後に大雨になって、
よかった~もう少し遅かったら、この大雨じゃ死んじゃったねぇ。って。
これだって、運命的な出会いだと、自分では思ってる。


この猫はその後、19年半年共に人生を歩んできた。
医者には、20年がんばろうって言われたけど、あと半年足りなかった。


2匹目は、このblogにも登場済みの、ミルクさん。
ペットショップの店先に捨てられていたのを、拾ってきた。
今では、悪さばっかりする、元気な猫に育っています。


それぞれ、いろいろあったけど、あるけれど、
こんな壮絶な、8ヶ月にも満たない人生で終わってしまうなんて・・・。


ロシアンブルーという性質からなのか、あまりなつかなかったけれど、
そのぶん、ゴロゴロいって甘えてきた時の喜びはひとしおだった。


どうしてこんなことになってしまったのか、分からない。
なにがいけなかったのか。どうすればよかったのか。


ただただ、ブルーには申し訳ない。
助けてあげられなかった。


麻痺してもいい、寝たきりでもいい、介護が必要なら、がんばってやった。


1匹目の猫は、19年以上も生きると、高齢ということもあって、
最後の何ヶ月間は、歩く事が出来なくなっていた。
だけど、トイレに連れて行けば自分で用は足すし、ご飯をあげれば、自力で食べた。


だけどブルーは、一切受け付けなくなってしまっていた。
原因は今となっては分からない。
病気のせいで食べたくなかったのかさえも、わからない。


ただただ、本当に申し訳ないことをしてしまった。


何度も自分に問いかける。
うちに来なかったら、ブルーは長生きできたのかな?
こんな壮絶な最後迎えることなかったかな?


ごめんね。ごめんね。何度謝っても足りないね。


涙って、どれだけ出るんだろう。。。








2010年9月18日

ブルー、永遠の眠り。



苦しいのだろう、鳴いてばかり。


鳴くたびに、はいよぉ~、ここにいるよぉ~と、声を掛ける。


撫でると、嫌がる感じなので、声掛けにした。


突然激痛が走るのか、ウォーーーと、唸り声を上げる。


ここからは、ちょっと辛い描写になります。












続きを読む "ブルー、永遠の眠り。"



2010年9月17日

ブルー、通院やめる。



よほど辛いのだろう。


寝ていられないらしく、一晩中鳴いていた。


そばに居てやることしか出来ない。


私の枕元に置き、鳴くたびに、はいよぉと返事をしてあげていた。


母も寝ないで看ると言ったが、両方ぶっ倒れたらどうするの?といって母には寝てもらった。


息が苦しいのだろう、お腹が激しく動く。


言わなきゃよかった。お腹が張っているか?なんて。とんでもないことになってしまった。


ものすごく酷くなっちゃった。


鳴き止まない。


時折、痛みが走るのか、体が身震いして、唸り声を上げる。


体を撫でるのも嫌がっている感じ。痛いのだろう・・・。


瞳孔は開いたまま。


そばに居ることしか出来ない。


ここにいるよ~。って、返事をするしかできない。





1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11