2020年3月 7日

MTをさくらインターネットからコアサーバーへサーバー移転。

 

前エントリーで予告した、Movable Typeの「さくらインターネットからコアサーバーへサーバー移転。」の備忘録を書き残したいと思います。

 

今回は、phpMyAdminを使ってデータベースの引越しをしたいと思います。

 

■ 1 旧サーバーのバックアップ
まず、データベースのバックアップを取るために、さくらインターネットのサーバコントロールパネルから「データベースの設定」→「管理ツール ログイン」→「phpMyAdminにログイン」に進み、phpMyAdminのメインページに進みます。

 

sakura_1.jpg 
エクスポートをクリック。

 

sakura_2.jpg 
データベースを選択して、「ファイルに保存する」にチェックが入っていることを確認後、実行。

 

mysql***.db.sakura.ne.jp.spl というファイルが作られます。

 

■ 2 新サーバーにてデータベースの新規作成
次に今回の移転先、コアサーバーのダッシュボードを開きデータベースに進み、データベースの新規作成をします。

 

core_5.jpg 
データベース名、パスワードを設定します。

 

3 旧データベース情報の削除

先ほど保存した mysql***.db.sakura.ne.jp.spl というファイルをテキストエディタで開き、

 

sakura_3.jpg 
 

 

SET SQL_MODE="NO_AUTO_VALUE_ON_ZERO"; 

 

CREATE DATABASE `旧データベース名` DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci; 

 

の、2行を削除します。

 

次に、 

 

USE `旧データベース`; 

 

を 

 

USE `新データベース名`; 

 

に書き直して保存します。
もしくは、一行目から USE `旧データベース名`; までの部分を削除してしまってもいいのかもしれません。ちょっとここは分かりません。

 

4 新サーバーへインポート
新しく作ったコアサーバーのデータベースからphpMyAdminにログインします。(phpMyAdminをインストール後、5分くらいしたら入れるようです。)

 

core_1.jpg 
インポート画面から、修正保存した mysql***.db.sakura.ne.jp.spl ファイルを選択して、実行します。左にドバーーーーーと現れたらインポート成功です。

 

5 新サーバーへMovable Typeをアップロード
次に、コアサーバーのサーバーにMTをアップロードします。cgiのパーミッションをサーバーに合わせて変更。

 

6 プラグインのコピー
今回 phpMyAdminを使ってデータベースの引越しをしたため、すべての設定が引継ぎされています。なので、プラグイン類もすべて揃っていないと再構築でエラーが出てしまいます。なので使用していたプラグインを旧フォルダからコピーしてきて、新しい「plugins」フォルダにコピーします。大体「plugins」フォルダにコピーするだけで使えますが、プラグインによっては「mt-static/plugins」にもコピーが必要です。
他にも必要なファイルがあればコピーして新しいサーバーに移しておきます。
 

自分の覚書、
「Lightbox」 の自動付与するために、

/mt/lib/MT/Asset/Image.pm

このファイルをコピーして持ってくる。

コメントスパム対策に、リネームしたmt-comments.cgiファイルも忘れないこと。

 

7 テンプレートのコピー
バックアップしたテンプレートを「/themes」フォルダにコピーする。

 

 

8 Movable Typeのインストール
コアサーバーにMTをインストールします。
途中「データベース設定」画面が出たら、先ほどコアサーバーで設定したデータベース名、パスワードを入力します。

 

 

9 Movable Typeにログイン&設定
MTにサインインして、設定画面の公開パスを

ブログURL:http://ユーザー名.サーバー名.coreserver.jp/
ブログパス:/virtual/ユーザー名/public_html/

設定。

 

アーカイブをブログパスとは別のパスで公開している場合は、

アーカイブURL:http://ユーザー名.サーバー名.coreserver.jp/archives/
アーカイブパス:/virtual/ユーザー名/public_html/archives

に設定。

 

10 mt-config.cgiファイルの設定
加えて、mt-config.cgiの設定もしておきます。

 

11 再構築&手動テンプレートを強制再構築
いよいよ再構築です。エラーが出ないことを祈りましょう。
サイトを確認する前に、ブログテンプレートの管理の公開部分が「手動」になっているテンプレートを強制的に再構築しましょう。

 

12 独自ドメインの設定
サイト確認して無事表示されたら、独自ドメインの設定に移ります。

 

DNS設定の変更、ネームサーバーの変更、■ 9 で変更した公開パスを独自ドメインに変更し直して、再構築。

 

最後に画像フォルダも持ってくればお引越し完了です。

 

自分用の覚書です。
記載漏れ、手順が違う場合もあります。

 

【参考にさせて頂いた記事】

● MTのサーバー移転方法

 

 

新しく借りたサーバーはコチラ。
まずは、お試し 30日間。

 

 

 

 

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ralu-milkcafe.com/mt/alselia-trackback.cgi/551

コメントする