2018年12月 5日

押入れに眠る、猫用自動給水器。

 

わたしの部屋のミニキッチンの流しで、
蛇口からチョロチョロ流れる
水を飲むのが大好きだったトム君。

 

その他にも、各部屋の至るところに水が置いてある。
入れ物は様々。

専用のウォーターボール、バケツ、水槽(え?)。

 

ところがこの絶不調から、まったく水を飲まない。
本当にまったく飲まない。

 

ことあるごとに、脱水症状のチェック。
背中の肩甲骨付近の皮膚を持ち上げ、離す。

 

いまのところ、順調に戻る。
でも何とかして、飲ませたい。

 

トムがまだ小さかった頃、
自動給水器を買ってみました。

 

ところがトム君、力が強く、
桶に入ってるお水などは、
あっという間にひっくり返します。

 

自動給水器を置いても、部屋中水浸しになりかねないので、
設置することが出来ませんでした。

 

なので、流しでの水飲み(水浸しにしてもOK)
10リットルのバケツに水を汲む。(ひっくり返すこと不可能)
水槽の水。45cm&60cm 
ならば大丈夫。

 

でも、今は違います。
ひっくり返してもいい、水浸しでもいい。
水に興味を持ってもらいたい。

 

設置しました!

 

2018_tom_1206_01.jpg 
押入れに眠ること、何年だ!? 動いた!

 

 

 

だけど、見向きもしない…。

 

 

 

 



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ralu-milkcafe.com/mt/alselia-trackback.cgi/510

コメントする