2018年6月30日

崩壊したエビ水槽。

 

一時的に約 400匹近くまで増えたビーシュリンプ。

 

なぜか母に管理が移行した途端、どんどん減っていくエビ達。

 

そしてサムの出現により、トドメを刺されたエビ水槽。

 

サムがフィルターに悪戯するため、大崩壊を迎えてしまった、エビ水槽。

 

母は、「換水でなんとか乗り切る!」と張り切ってはみたものの、
落ちるのが止まらないエビ達。

 

見るに見かねて様子を見ると、なんだか分からないけど…、コレ無理。
詳しくは説明できないけど、もう立て直し出来ません。
リセットしか無理。
換水でどうにかなるレベルではない...

 

しかし、母は頑なにリセットを拒みます。
換水でーーー!がんばるlがんばるっ!( ̄ε=‥=з ̄) フンガー

 

しばらく様子を見ますが、依然落ちるのが止まらないエビ達。

 

仕方ないので、別水槽を立ち上げ、
そこに残っているエビ達を移動することにするが、
やはりここでもサム君登場。
なにをどうしてもフィルター大好き。
立ち上がり直後の水槽に悪戯をして、順調な立ち上がりが出来ず…
そこに、アマゾニアのハズレを引いてしまったらしく、
もうどうしていいか分からぬ...

 

あーだ、こーだの、紆余曲折を経て、決めました。

 

心機一転、わたしの部屋で立ち上げ直す!!!

 

一時期、わたしの部屋には 7台の水槽がありました。
メンテナンスの毎日に明け暮れていたことがありましたが、
震災後、縮小していました。
しかし、これではエビちゃん全滅なので、もう一度始めることに。

 

さてさて、どうなることか...

 

 

 



2018年6月 2日

変化の弊害。

 

手術をしたことによって著しい変化を遂げた、サム。

 

サムの甘え上手が、とんでもない事に...

 

一応、いくらサムが甘えてきても、サムばかりを構い過ぎないように注意はしてきたつもりだけれど、やはり敏感に感じ取ってしまうらしく、とても困った状況になってしまいました。

 

トムの場合は、サムが来た時点から変化は表れたため、
付っきりの餌やりで乗り切りました。
スプーンで寄せ集めたり、時には手で…。
今でも続けてます。。。はぁ。(o_ _)oびたん

 

ミルクの場合はさほど変化は表れず、
年も年だし、そんなに心配要らないのかな?と
寛容になったのかな?と、、、
高を括ってました。

 

ミルクは日頃からよく吐く子でした。
ところが、サムの手術後、以前にも増して吐くようになったんです。
最初はストレスにより胃腸が弱ったのかと思い、ドライフードをふやかしてみたりしましたが変化なし、今度はドライフードを止めて、ウェットフードを増やしてみましたが、変わらず。次はウェットフードをすり潰してみましたが、変わらず。

 

一日に 3,4度吐かれれば、もうこれはストレスの域を超えている!と思い、高齢だしどこか体が悪いのかと思い、病院に連れて行くことに。

 

吐いてばかりなので、体重も落ち始めていました。
高齢なので、悪いところもあるだろうということで、血液検査をしてもらうことに。

 

先生によると、糖尿か、腎臓か、肝臓か...

 

で、結果を見ると…

 

どこも異常無し・・・

 

先生自身も、目が点状態。
この年で、どこも悪くないって...

 

はぁ!?ミルクさん!?
あなた、、、自分でやってるのおぉ!?

 

なんてこったい...
おまえのおかげで、どれだけ振り回されたと思ってるんだぁぁああ!!
痛い出費だけが・・・o( _ _ )o~†パタッ
あれも、キャンセルー、これもキャンセルーーーー!したのに!
 

 

胃腸薬を貰って、帰宅しましたとさ。

 

 

2018_sam_10.jpg 
膝で寝るようにまでなってしまった。

 

君の可愛さが、罪だ。。。

 

 

 



1