2016年6月30日

MT5からMT6へアップグレード。【Movable Type】その1

 

Movable Type 5は、2015年9月30日でサポート終了してしまいました。公式では、Movable Type 6へのアップグレードを呼びかけていたけれど、失敗すれば全てぶっ壊れる…怖くて、なかなか出来ませんでした。

 

だけど、脆弱性がぁぁぁ~とか、サイバー攻撃があぁぁぁ~と目にすると、やっぱりやらなきゃと思い、でも、こんなサイトを誰が攻撃するんだ?まだ大丈夫か!なんてことを続けていて、世の中、WordPressじゃね?と思い直し、手を延ばそうと思ったけど、もうこの固い頭にはタグを理解するのは無理だと断念。いや、MTだって分かってないもん。

 

てぇ~いうことで、現状のままアップグレードすることにします。

 

とにかく、これでもかっ!というくらいのバックアップを取ろうと思います。なにがあっても、これであなたも大丈夫?

 

1.MySQLのバックアップ

 

1. バックアップ用に新しいMySQLを作ります。

さくらインターネットの「サーバーコントロールパネル」にINして、データベース設定画面から「データベース新規作成」にて、バックアップ用に新しいMySQLを作成します。データベース名は「ユーザー名_mt_buckup」などなど。

 

2. データベース設定画面の、管理ツールからphpMyAdminにログインして、現在使用しているデータベースをエクスポートします。


phpMyAdmin を利用したデータベースのバックアップ

  1. phpMyAdmin 画面左メニューから、対象のデータベースを選択します。
  2. 画面上部の "エクスポート" タブを選択します。
  3. "DBのダンプ (スキーマ) 表示" の "エクスポート" で、"全選択" にて全てのテーブルを対象にし、"SQL" を選択します。
    その他のオプションは必要に応じて設定してください。
  4. "ファイルに保存する" チェックボックスにチェックを入れます。
  5. 画面下部の [実行する] ボタンを押すと、バックアップファイルがダウンロードが始まりますので、任意の場所へ保存してください。

      「phpMyAdmin を利用したデータベースのバックアップ」 参考

 

3. 先ほど作った「ユーザー名_mt_buckup」にバックアップのためにDLしたファイルをインポートします。

 

phpMyAdmin を利用したデータベースのリストア

  1.     phpMyAdmin 画面左メニューから、対象のデータベースを選択します。
  2.     画面上部の [インポート] タブを選択します。
  3.     "インポートするファイル" に、バックアップ時にエクスポートにてダウンロードしたバックアップファイルを指定します。
  4.     画面下部の[実行する] ボタンを押すと、リストアが実行されます。

       「phpMyAdmin を利用したデータベースのリストア」 参考

 

以上、MySQLのバックアップでした。

 

2.Movable Typeのバックアップを機能を使ったバックアップ。

 

次に、Movable Typeのバックアップ機能を使ったバックアップです。ただこの機能は、レンタルサーバーの場合ちょっと準備作業が必要です。

 

バッ クアップに成功して、「ディレクトリ /tmp に正常に保存されました。公開するべきではない情報も含まれているので、ダウンロード後は削除してください。」という一文が出ます。だけどそんなファイルがどこにも無い!!とういう状態になります。はい、なりました…てへ。coldsweats01

 

そこでまず、サーバーに保存されるフォルダを作ります。

 

Movable Type本体が入っているディレクトリに「/tmp」というフォルダを作ります。一応フォルダの属性「777」にすることを忘れずに。(なぜだか属性変更しなくても保存されてたsweat01

 

次に、「mt-config.cgi」のファイルに一文を書き込み、保存します。(さくらインターネットの場合)

 

TempDir /home/userid/www/mt/tmp/

 

「mt-config.cgi」をサーバーに戻し、Movable Typeの管理画面にログインして、「ツール」>「バックアップ」にて、バックアップを実行。

 

「/tmp」フォルダにバックアップファイルが保存されてるので、DLして、サーバー上のものは削除しておきましょう。

 

以上、Movable Typeのバックアップ機能を使ったバックアップでした。

 

次は、フォルダごと保存です。

 

3.フォルダごと保存

 

サー バーにあるものをそのまま自分のPCに保存、ていうだけなんですが、少し問題があります。FTPソフトの相性です。相当大きいものなので、時間が掛かりま す。運が悪いと、途中で失敗します。これは、MT本体をアップロードする時にも見られます。なので、自分の回線、スペックに合ったFTPソフトで作業して ください。

 

4.テーマのバックアップ

 

これが私にとっては一番重要かも。coldsweats01 今までチマチマとカスタマしてきたテンプレート、全て保存しましょう。これが消えたらショックです。

管理画面から「ツール」>「テーマのエクスポート」で保存できます。

 

以上、バックアップ作業はこれで終わりです。
でき得る限りのバックアップでした。

 

MT5からMT6へアップグレード。【Movable Type】その2

へ続きます。

 

 

 

 

 



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ralu-milkcafe.com/mt/alselia-trackback.cgi/425

コメントする