2016年3月23日

只者ではないダクちゃんが逝く。

 

2016年 3月 6日の早朝、ダクちゃんが亡くなりました。

 

2015年12月11日で満 18歳になった、ダクちゃん。

 

只者ではない、ダクちゃん。 にも書きましたが、

約 2年前、2度目の結構強い発作を起こし、2度目の半身麻痺になったけれど、麻痺になったことに気付かないダクちゃんは、日常生活がリハビリになり、ふたたび麻痺が治ってしまいました。

 

その後半年ほどは順調に過ごしていましたが、約 1年半前くらいから、体調がガクッと落ちてしまい、食事もなかなか難しくなってしまいました。

 

そこで母上が自分でもやっている温灸療法をダクちゃんに施すことにしました。
 

 

それは、もうさほど長くないダクちゃん、最後までご飯を食べることができるようにとの思いから始めたことでした。

 

ここで重要…

 

もう、さほど長くないであろう…ダクちゃん・・・。

 

…だったはず。

 

…甘かった。_| ̄|○|||

 

温灸療法やり始めた途端、元気元気、元気!になってしまったのです!
ご飯はペロリと平らげる!おかわりまで要求する!動きも機敏になる!

 

温灸のおかげでしょう、止めると一気に体調が悪化してしまうのです。
なので、止めることが出来ない。

 

来る日も来る日もやり続けた母、

 

続けること、1年4ヶ月!

 

最後は眠るように亡くなりました。
前日まで、元気にご飯を食べて。

 

数少ないダックの写真ですが、貼っておきます。
 

dachshund_1.jpg
ただの黒い物体。アルとなんでこんなに違うんだ。


 

dachshund_2.jpg

 

dachshund_3.jpg

 

他の子とはちょっと違うダクちゃんは、ほとんど寝ていることが多く、写真があまりありません。
だって、ただの黒い物体に映るだけなんだもん(笑)

 

一番がんばった、母上に感謝。

 

 


 



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ralu-milkcafe.com/mt/alselia-trackback.cgi/416

コメント(4)

お母さん頑張って看病されたんですねえ。
そして、その気持ちに応えてくれた『ダクちゃん』にも感謝感謝ですねえ。
なんか、ほっこりしちまいました…(╥ ╥`)

わんこは、寝ていても、存在感が、あるから、なくなると、さびしいよねぇ

No.2429のざきゅさんのコメントへの返信

母上が一番がんばりましたねぇ~。頭が下がります。
うちのダクは、ミニチュアロングダックスとは名ばかりで、スタンダードよりも育ってましたので、結構大きかったんですよ。
だから、18歳は、大往生でしょうかねぇ。

No.2430のまさごんさんのコメントへの返信

うんうん、うちのダクちゃんは、寝ていていても本当に存在感がありました。
いびきはでかいし、寝言は言うし、どたばたうるさいし(爆爆)

寂しいというか、静かになった!(笑)

コメントする