2010年9月18日

ブルー、永遠の眠り。



苦しいのだろう、鳴いてばかり。


鳴くたびに、はいよぉ~、ここにいるよぉ~と、声を掛ける。


撫でると、嫌がる感じなので、声掛けにした。


突然激痛が走るのか、ウォーーーと、唸り声を上げる。


ここからは、ちょっと辛い描写になります。












午前 2時、体に掛けておいたタオルが嫌なのか、ベッドから出ようとしたので、


暑いの?じゃあ、タオル取ろうね。と、タオルをめくると、


下痢をしてしまっていた。


待ってね、すぐきれいにしてあげるから。


母を呼んで、お尻拭きでお尻を拭いていると、ニャーニャーと、嫌がる。


痛いかもしれないけど、我慢して。きれいにしなきゃ。


すると、突然、


発作が始まった。


折れ曲がるように、体が反り返り、バタバタバタバタ。


後ろ足がビーンと張って、これでもかってくらい、いっぱいビーンって張って、


逝ってしまった。


目は真ん丸く開いたまま。


瞳孔も開いたまんま。


目を閉じてあげようとして、まぶたを必死で閉じさせようとするけど、閉じてくれない。


TVドラマはうそつきだ。スッと手で抑えると、まぶた閉じてるのに。


どうしてこんなことになっちゃったんだろう。


つらかったね、こんなつらい思い、いっぱいさせちゃってごめんね。


動かなくなったブルーを前にして、ただ泣くことしか出来ない。


もう元気なブルーには逢えない。


ブルーがどこか行っちゃった。








トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ralu-milkcafe.com/mt/alselia-trackback.cgi/275

コメントする