2019年4月24日

ローソンのフルーツインティーはイメージです。

 

去年発売されたローソンの「MACHI café Lipton フルーツインティー」、わずか2日で売り切れたらしく、その後の再販もなかなかタイミングが合わず、買いに行くことが出来なかった。

 

そして、3度目の発売が今月23日からというので、母に今日頼んでみた。24日なので、もしかしたら売り切れちゃったかしら…なんて思いながら、メモに

 

ローソン

リプトン フルーツインティー 350円

 

と書いて、渡す。

 

しばらくして、携帯が鳴る。

 

母 「アイスとホットどっち?って店員さんが言うんだけど。」

 

私 「え?」
フルーツインティーに、ホットもあるの?知らなかった。

 

以下、電話の向こうでの会話。

 

電話の向こうの店員さん 「ホットはグッドインティーです。」

 

母 「いや、だから、フルーツインティーが欲しいんですけど…」

 

店員さん 「ホットはグッドインティー、アイスはフルーツインティーって言うんですけど~名前が違うんですよー」

 

母 「えぇ、、、だから、メモに書いてある、フルーツインティーが欲しいんですよ。ここに書いてあるでしょ?それに、ホットのグットインティーじゃ値段違うじゃない。」

 

店員さん 「じゃーアイスですね。」

 

もう、この時点で怪しさ100点満点。

 

そして、帰宅した母から手渡された 
「MACHI café Lipton フルーツインティー」がこちら!

 

Fruitintea_1.jpg

 

いや、これ、普通のアイスティーだから・・・

 

母は、店頭に掲げられていたポスターを指差し、ちゃんと頼んだという。

 

あとで店舗に電話で違ったことを伝えてぇ…、これは仕方ない、、、飲むか。と思ってたら、母が「行って来る!おかしいもん!」と言って、再度ローソンへ。

 

しばらくすると、またケータイが鳴る。イヤな予感。

 

母 「これは、こういうもんなんだって。普通にアイスティーなんだって。」

 

私 「え…?いや、フルーツ入ってないよ?そこのポスターにフルーツ入ってる写真ない?」

 

母 「ある!! 
   ねー店員さん、このポスターにはちゃんとフルーツはいってるよ!?」

 

店員さん 「これは、イメージです。

 

私 「え…」

 

母 「え?じゃー嘘ってコト?嘘を売ってるの?ポスターではちゃんとフルーツ入ってるんだよ?入れ物だって違うじゃない!」

 

店員さん 「いや~イメージと実物は違うから、仕方ないんですよ~。」

 

母 「え?じゃーあなた自分だったらどうするの?」

 

店員さん 「ぼくだったらですか?鵜呑みにした自分が悪かったと、黙って飲みます。

 

ダメだこりゃ・・・

 

母 「分かる人いないの…?」

 

まったく話が先に進まず、埒が明かない。

 

わたしは、その間SNSで検索してみると、フルーツインティー専用のカップに凍ったフルーツが入っていて、そこにアイスティーを注ぐらしい。という情報を見つける。
ということは、凍ったフルーツが入ったカップが冷凍庫にあるはず!

 

私 「店員さんに、冷凍庫見てって言って!」

 

母 「冷凍庫にフルーツの入ったカップがあるはず!見てきて!(店員さんに叫んでる)」

 

しばらく・・・すると。

 

店員さん 
  「あったああああああああああ!!!!!!!!

 

 

最初に手渡されたアイスティーは、ガソリン代で頂きましたとさ。

 

 

Fruitintea_2.jpg 

 

Fruitintea_3.jpg

 

 

どうしていつもこうなるんだろう。
チラッと見えた冷凍庫には、まだまだ在庫があったそう。
昨日の発売から買った人も、ただのアイスティーを渡されていたんだろうなぁ。

 

そもそもアイスティーは180円と値段が違う。

 

「こんなもんですよ~、仕方ないんですよ~」と店員さんは言う…
購入したお客さんも、
「こんなもんか~、仕方ないんだなぁ~」って思わなきゃいけないのか…

 

 

 



2019年3月24日

【UO】 生オウムゲット!

 

微熱がずっと下がらず、なかなかUOが出来ないうちに、
気が付いたら新しいPubが入っていました。
 
 
なんと、生オウムが手に入るというではないですか!
めちゃくちゃ欲しいー!と思ったら、オーク船がない。
持っているはずのキャラのカバンにない。
全キャラのカバン&銀行調べてもない。今回は腐らしてはいない。
 
 
家の中の全セキュア開けても無い。
2日掛けて計5時間探しても無い。
もうヘトヘト。持っている設計図は3/8しかない。
 

(かぶっているのをはHasyoさんに交換してもらったり。Thank You!!)
 
 
これから設計図集めかぁ...と嘆いていたら、
junjunが完成したオーク船持っているので、
譲っていただけるとのコト。うひょおお~
 
uo20190323_1.png 
 
そして早速灯台を討伐しに!ところがががががっ!
オークを倒したあと、灯台を攻撃しようとしたら、なぜか
「事前ターゲット防止」と出て、まったく攻撃できない。
 
 
uo20190323.png 
 
ログインし直しても、バンプ解いても、なにしてもダメ。
2回試すも同じ結果。悲しく帰路に着く。
日頃の行いそんなに悪かったっけ?汗
 
 
しかーーし、junjunに出た貨物全て頂けちゃいました!!
 
 
そして、生オウム!
 
uo_20190324_1.png 
貰えちゃいました!!!
 
何から何まで、すみません。
そして(ノ^○^)ノ:*:・'゚☆。.:*:・'★ ありがとぉ~♪
 
 
 
攻撃できなかった原因は
「ギルドの戦闘モードをブロック」にチェックが入っていたことでした。
チェックを外し、ちょっと一人で試してみることに。
 

なぜかオークが倒され、灯台のみの物件を発見。
不思議に思いながら攻撃してみたら、無事アタック可能!
やった♪わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪ 
 
 
 
uo_20190324.png
矢を800本、約30分掛けて倒してみました。
 
 
ところがっ!アイテム出ず!貨物うううううう!
 
 
 
 
ぁ、これがバグ物件か..._| ̄|○|||
 
 
 
 
 


2019年3月10日

トム君元気です!

 

お無沙汰なのです。

 

tom2019_0312.jpg
 

水を飲んでくれたー!から、だいぶ経ってしまいました。
トムが順調に回復したことで、一気に脱力感に襲われた私。

 

年末年始は、ほとんど何も出来ず、寝込んでしまいました。

 

年賀状も年が明けても出来上がらず、最後には寒中見舞いになってしまい、年賀状に寒中見舞いという、なんだか間違ったことをしてしまったようです。届いた方、ごめんなさい。頭が働いていませんでした。(いつものことです。)

 

それでも、水を飲んでくれた日から今までの間に、何もなかったわけではなく、すったもんだがありました的な毎日でした。

 

覚書程度に、さかのぼって載せていこうと思います。

 

トム君は元気です。

 

 

ralu.



2018年12月 8日

水を飲んでくれたー!

 

な、なんと。

 

 

水を、水を、飲んでくれたああああああ!!!

 

 

飲んでくれました。

 

ただインスタにも書いたように、
サムの脅かしが最近増えてきた。

 

遊んでるだけなんだと思うけど、
トムにとってはストレスだ。

 

だからといって、
24時間監視することは不可能。
気付いたときには止めるけど、
止める瞬間の動作や声も
トムにはビックリ。

 

はぁ・・・困った。

 

どうして他の多頭飼いの家は
みんな仲良しなんだろう。

 

どうして我が家は、ダメなんだろう。
どうして仲良く出来ないの?

 

 

ralu.



2018年12月 7日

同じ失敗はしないと、誓ったはずなのに。

 

ウェットフードを数時間おきに与え続け、
やっとやっと、この日が…。どばーっ (┬┬_┬┬)

 

 

カリカリ食べてるーーーー!

 

ウェットフードが呼び水になったのか、
やっとカリカリを食べてくれるようになりました。

 

8年間飼ってきて、こんなことは初でした。
食欲がないトム君、食べないトム君というのは、
8年間のうち、一度もありませんでした。

 

ペットショップのおねーさんにも、
苦笑いされる程の食欲だったトム。

 

でもトムが家にきてから、
ひたすら食には気を遣う日々でした。

 

ブルーが突然カリカリを食べなくなり、
その後1ヶ月、
ウェットフードを手からしか食べなくなり、
水も一切飲まなくなった。
ただ、氷だけは舐めるので、あげていた。
今回も恐る恐るトムに氷をあげたけど、
見向きもしなかったのが、唯一の救いだった。

 

よく、新しい仔を迎えたときは先住猫を可愛がれと言う。
ただ、例外もあるのだと思い知らされたのは、ミルクとブルーの関係。

 

先住猫ミルクと新人ブルー...
ミルクは新しくきたブルーを、
快く思っていなかったらしい。
ミルクとブルーの取っ組み合いのケンカ、
追いかけっこ、ミルクのいい遊び相手だと思ってた。

 

マニュアルどおりに先住猫を気に掛けていた。

 

それが、間違いだったと気付いたのは
ブルーが死んでから。

 

ミルクは新しくきた仔を、排除したかったのだ。

 

 

今回サムを保護するとき、
同じ失敗は二度と出来ない。

 

マニュアルどおりではない。
先住猫も、新人猫もどちらも慎重に観察して、その場その場で判断していくしかない。

 

ただ、サムの異食癖のため掛かりっきりになってしまい、毎回毎回看病やらで腫れ物に触るような扱いに、それが結果的に甘やかしてしまうことになったのか、1年過ぎた頃からちょっと大変な子に育ってきたと自覚した矢先の今回。

 

そもそも、なにをするにも成長が遅いサム。
あなどっていた。

 

自分がこの家の天下でも取ったかのような振る舞いになってきたサム。

 

ちゃんと怒らなければならなかった。
大声で叱っても、おちょくるようになってきてしまった。
しかし、あの足のため、お尻ペンペンも出来ず仕舞い。
そんな人間共を見透かすように、我がままになっていった。

 

トムを守らねばと、あれほど心がけてきたのに。

 

また同じ失敗を繰り返すところだった。

 

ごめんよ、トム。

 

 

 



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Archives